glp-1のダイエット効果を実体験から全解説!痩せるメカニズムの正体とは?

食欲が我慢できずにダイエットに失敗してしまった経験はありませんか?

ダイエットを行うにあたり、食事制限をしないで痩せられる人はほぼいません。しかし、三大欲求である食欲を我慢することは並大抵のことではなく、かなりの努力が必要となりますので、多くの方がダイエットに挫折しているのは否めません。

そこで現在、医薬品の力で食欲を抑制し、自然とカロリー制限が出来るという

GLP-1ダイエットが少しずつ認知度が上がってきており、ダイエット成功率が高いという噂があります。

では、GLP-1ダイエットとは一体どのように痩身効果を得られるものなのでしょうか?

通常のダイエットとは違い、クリニックにて受診しなければ実践出来ない「肥満治療」となりますので、気軽な気持ちで始めづらいものであることも確かです。事前にしっかりと知識を得てからでないと実践しづらい部分もあります。

そこで当記事では、GLP-1ダイエットの効果が本当に痩せやすい作用を持っているのか、具体的なメカニズムや特徴を詳しく解説します。

過度な努力をせずにダイエットが出来る方法である、GLP-1ダイエットの基本的な知識を当記事にて全て得られることが出来、あなたのダイエットにおいて重要な選択肢の1つとなることは間違いありません。

是非最後までしっかりとご覧ください。

glp-1ダイエットにて得られるメリット・効果5選!

glp-1ダイエットの効果を5つにまとめてみました

GLP-1とはホルモンの一種で、痩せるホルモンとも呼ばれているのですが、そんなglp-1には様々な作用があります。
GLP-1を増やすとされるGLP-1薬を摂取するダイエット法である「GLP-1ダイエット」を行うと、様々な変化が身体に現れるとされています。

様々な作用の中でも特にダイエットに繋がるものを中心にまとめてみました。

食事が短時間化しやすい

GLP-1ダイエットを行うことで満腹中枢が早期に刺激を受けやすくなるとされています。
満腹中枢が刺激を受けると満腹感が出てくるので、食事の時間が短くなることも考えられるのです。

腸ホルモンのGLP -1と膵ホルモンのインスリンは、食後に同時に分泌されて、食後の糖代謝調節、満腹感創出に重要な役割を果たすと考えられています。

出典:自治医科大学 地域医療オープンラボ NewsLetter 2017 Aug 特別号

GLP-1は、食べものが小腸を通過すると分泌されるホルモンの一種です。
視床下部までGLP-1は到達し、その上で満腹中枢に対して「お腹いっぱい」という信号を出してくれるので、食欲が収まります。

しかし太っている方の多くはGLP-1の分泌機能が弱っている、と言われています。
GLP-1の分泌量が少なくなってしまえば、当然小腸に食べ物が到達したとしても、なかなか満腹中枢が刺激を受けません。
よって本来であれば食事は足りているのに、満腹感がこないので食べすぎてしまうのです。

そこでGLP-1薬を摂取してGLP-1の量が増やし、満腹感が早期に得られやすくなる状態にするのがGLP-1ダイエットです。

間食が抑えられやすい

GLP-1注射を打つことで満腹感が持続しやすくなるとされており、結果として間食を抑えることに繋がります。

間食をしてしまう原因としては、普段の食事以外で空腹感を感じてしまうためであったり、口さみしい、もしくは習慣的におやつを口にしているというのも原因として考えられます。
しかし、おやつを食べる前に空腹感がなければ、間食を我慢しやすくなると言えます。

GLP-1には胃腸の働きを弱める機能があるとされ、胃腸に食べ物が長く残りやすくなるため、消化吸収がゆっくりになり、空腹感を長時間抑えることが出来ます。

肥満の原因が「間食である」という方にはGLP-1ダイエットが適していると言えます。

太りやすい体質が痩せやすい体質へ

GLP-1注射を打つことで、脂肪が身につきにくくなるとされています。
その理由が、GLP-1が血糖値の急上昇を抑えてくれるからです。

血糖値の急上昇とは、血液に糖(エネルギー)が急激に増えていることをあらわしています。
糖は細胞に送られてエネルギーとして利用されますが、大量の糖はさすがに使いきれません。

使いきれなかった糖はどうなるかというと、残念ながら脂肪になってしまいます。

要は血糖値の急激な上昇を防ぐことができれば、糖の脂肪化を抑制できることになり、脂肪になる食事量を減らすことに繋がるのです。

GLP-1が何故血糖値急上昇させないかというと、膵臓のインスリンを分泌してくれるからです。

例えば食事制限ダイエットにて、1日あたり2食に減らしたのに太ってしまったという方がいます。
その理由は、血糖値の急上昇が大きく関わっていると考えられます。

実は空腹感を長く感じてから食事をすると血糖値が急上昇しやすくなるとされています。
お相撲さんは1日あたり基本的に2食といわれていますが、血糖値の急上昇をあえてさせることによって身体に肉が付きやすくするためなのです。
つまり血糖値の上昇を緩やかにすることで、ダイエット効果に繋がるということです。

むくみにくくなる

水分量が体内に増えることで発生するのが「むくみ」です。
むくみは見た目にも大きな印象を与えるため、解消したいと願っている方も多いでしょう。

厄介なむくみの解消にも役立ってくれるのがGLP-1です。
GLP-1にはナトリウム利尿作用というものがあるとされています。
ナトリウムとは塩分のことを指しており、要は塩分を身体から排出してくれるような機能があるとされているのです。

塩分過多の食生活をしてしまうと、身体の塩分濃度を引き下げようとする体の機能によって水分を排出出来ず、むくみやすくなるとされています。

しかしGLP-1が多く分泌されるようになれば、ナトリウム利尿作用が働いて塩分が排出しやすい体質になり、むくみの解消に繋がるのです。

生活習慣病が予防できる

  • 高血圧の予防
  • 糖尿病の予防
  • メタボリックシンドロームの予防
  • 動脈硬化抑制など

GLP-1ダイエットを行うことで様々な生活習慣病が予防できるとされています。
GLP-1と呼ばれるホルモンは健康と密接に結びついているのです。

まずチェックするのは一定以上の年齢になると多くの方が関わるとされる高血圧です。
GLP-1には先ほどお話したように、ナトリウム利尿作用があります。
塩分を体外には排出しやすくなるため、高血圧の予防ができるとされています。

GLP-1注射はもともと糖尿病の治療薬として開発されたものです。
インスリンの働きを活性化させて血糖値を下げる作用があるので、糖尿病の予防効果も期待できます。

満腹中枢を刺激したり、満腹感の持続作用もあったりするとされているのでGLP-1ダイエットを行うと食事量が減るとされています。
肥満のリスクが減少することでメタボの予防も期待できるのです。

GLP-1ダイエットは動脈硬化の予防にも役立つとされています。
血糖値が上昇すると血管に負担をかけます。
高血糖は血栓などができる原因になるともされており、心筋梗塞や脳卒中といった重大な病気にも繋がってくるので要注意です。

GLP-1には血糖値をコントロールする機能があるとされているので、動脈硬化を起こりにくくする効果まで期待できます

glp-1ダイエットで痩せた?効果を口コミから探ってみた

glp-1ダイエットで痩せた?効果を口コミから探ってみた

実際にGLP-1ダイエットをした方の口コミからダイエット効果を探ってみました。
彼らはどのようなダイエット効果を実感したのでしょうか?

テレビ番組「Girls Happy Style」の番組スタッフの口コミ

【Girls Happy Styleのディレクターの体重】

ダイエット初日の体重・・・78.2キロ
GLP-1ダイエット2週間体験後の体重・・・75.6キロ
2週間の結果・・・マイナス2.6キロ

たったの2週間でも一定の体重が減った被験者ですが、彼はどのようなことを感じたのでしょうか?

【(食欲はどうでしたか?)という質問に対し】
「普段はめちゃくちゃ食べるんですけど。ご飯は2合くらい食べるんですけど、(GLP-1ダイエットを始めてからは)茶碗1杯くらいになりました。」

とのことでした。食欲抑制の作用が働いているということでしょうか。

30代男性会社員の岡田さんの口コミ

 

【岡田さんの体重】

GLP-1ダイエット開始前の体重・・・90.1キロ
GLP-1ダイエット開始後33日目の体重・・・83.1キロ
GLP-1ダイエット約1ヶ月の結果・・・マイナス7.9キロ

岡田さんの体験談動画はこちらから確認可能です。

glp-1ダイエットの口コミまとめ

動画にて体験談を話されている岡田さんの口コミがより具体的です。
食べたいものは普通に食べており、我慢している感覚がまったくなかったのに体重が減ったそうです。

GLP-1ダイエットは無理をしないダイエット法なのかもしれません。
体重を減らすためには食事制限をしなければならないとされていますが、GLP-1のおかげで食事制限に辛さを感じないで済む可能性が体験者の口コミに示されているのです。

東京GLPクリニックホームページ

glp1ダイエットの効果が得られやすい人と得られにくい人

glp1ダイエットの効果が得られやすい人と得られにくい人

GLP-1ダイエットは多くの方に夢を与えられる可能性のあるダイエット法ですが、効果が出にくい人もいれば出やすい人もいるとされています。

GLP-1ダイエットの効果が出やすいと考えられる人、および効果が出にくいと考えられる人をお伝えします。

glp-1ダイエットの効果が得られやすい人

GLP-1ダイエットの効果が得られやすいと考えられる3つのタイプについて解説します。

大食いをしている人

摂取カロリーが多い人はGLP-1ダイエットの効果が得られやすいと考えられます。

GLP-1ダイエットは運動ダイエットとは異なり、消費カロリーのアップを目的としたものではありません。
GLP-1注射によって食事制限をサポートし、医師の指導のもとで摂取カロリーを減らすタイプのダイエット法です。

食事量を減らすことで、結果として摂取カロリーが消費カロリーを下回ればダイエットの効果が現れることになります。
たとえば、あなたの消費カロリーが1日あたり2,000キロカロリーであったとします。
一方で摂取カロリーが1日あたりで3,000キロカロリーであれば、1日あたりで1,000キロカロリーも摂取しすぎていることになるでしょう。

そこでGLP-1ダイエットを実施し、摂取カロリーが1,800キロカロリーになれば、1日あたり200キロカロリーほど消費カロリーが上回ることになります。

大食いであるとかドカ食いを継続的にしている人ほどGLP-1ダイエットの効果は高まると考えられます。

カロリーの高い食品が好きな人

大食いであるとかドカ食いをしていなかったとしても、高カロリーな食品を好んで食べている方は摂取カロリーが過多になりやすいです。
よって高カロリーの食品をよく食べるという方もGLP-1ダイエットの効果が得られやすいと考えられます。

例えばタンパク質を摂取するにしても食べ物によってカロリーは大きく異なります。

 

【食品100グラムあたりのカロリー】

牛ばら肉・・・517キロカロリー
牛肉(サーロイン)・・・498キロカロリー
だいず(乾)・・・417キロカロリー
牛肉(肩ロース)・・・411キロカロリー
ベーコン・・・405キロカロリー
豚ばら肉・・・386キロカロリー
さば(開き干し)・・・348キロカロリー
まぐろのトロ・・・344キロカロリー
しめさば・・・339キロカロリー
さんま(生)・・・308キロカロリー
納豆・・・200キロカロリー
豆腐(木綿)・・・72キロカロリー
豆腐(絹ごし)・・・46キロカロリー

参考サイト:簡単! 栄養and カロリー計算

 

牛肉(サーロイン)を摂取した場合と豆腐(絹ごし)を摂取した場合だと、同じ100グラムで400キロカロリー以上も変わってきてしまうのです。

普段からお肉などの高カロリーな食品を食べる機会が多い、という方は食事制限ダイエットに繋がるGLP-1ダイエットの効果が得られやすいと考えられます。

glp-1の分泌量が少なくなっている人

GLP-1ダイエットはGLP-1の分泌量が少なくなっている人のほうが効果は得られやすいとされています。
GLP-1注射を打つことで、ホルモンのGLP-1が増えるとされています。

GLP-1が増えたことにより満腹中枢への刺激が今までより強くなったり、胃腸の働きを弱めて腹持ちを良くしたりする作用がより強く出ることも考えられるのです。

ちなみにGLP-1の分泌量は体型に左右されると言われています。
太っている人よりも少なく痩せている人のほうが出やすいとされています。
よって太っている方はGLP-1ダイエットの効果が比較的得られやすいわけです。

glp-1ダイエットの効果が得られにくい人

GLP-1ダイエットの効果が得られにくいとされる2つのタイプについてお伝えします。

普段から少食な人

普段から食べる量が多くない、という方はGLP-1ダイエットの効果が得られにくい可能性があります。

少食であるということは、食欲に関わるGLP-1の分泌量が正常である可能性が高いからです。

少食であってもハイカロリーな食事が好きな方であればダイエット効果が出る可能性もありますが、特別カロリーの多い食事が好きなわけでもない、という方は別に太っている原因があるかもしれません。
何かしらの病気が関連している可能性もあるので、病院でしっかりと検査を受けてみることをおすすめします。

すでに痩せている人

すでに痩せている人はGLP-1の分泌量が正常である可能性が高いです。

先程述べたように、GLP-1の分泌量は体型にも左右されているとされています。
痩せている方は正常値の可能性があるので、GLP-1ダイエットによる高いダイエット効果は得られにくい、と考えられるのです。

すでに痩せているという方はダイエットの必要もないと思いますが、少しでもスタイルを良く見せたい、と思うのであればダイエットではない方法をおすすめします。
軽い筋トレなどをして、スタイルアップを目指すのも良いかもしれません。

glp-1ダイエットの効果を高める方法5つ

glp-1ダイエットの効果を高める方法5つ

GLP-1ダイエットの成功率を高める方法を5つにまとめてみました。

乱れた食生活を正す

GLP-1で食欲が抑制される可能性は高いですが、一定の食事制限は考えておかなければなりません。
食事量が減ってもカロリー過多な食生活が続いてしまうと、ダイエットの効果が制限されてしまうような状況も考えられるのです。

ちなみに朝食を抜きがち、という方も多いのではありませんか?
朝食を食べるとGLP-1が分泌されやすくなる、といった指摘もあるので覚えておいても良いかもしれません。

「朝食の摂取が昼食前と夕食前のGLP-1濃度を上昇させ、昼食後、夕食後のインスリン分泌も速める。したがって、昼食後と夕食後の血糖値改善のためにも朝食をとるのは重要である」

出典:Care Net 「GLP-1分泌をより増加させる食事/糖尿病学の進歩」 田中 逸氏(聖マリアンナ医科大学代謝・内分泌内科教授、糖尿病センター長)の発言より

用法用量を守る

  • 薬の間隔を守る
  • 薬の容量を守る

GLP-1は1日に1回摂取タイプと週に1回摂取するタイプがあります。
適切な間隔で打たないと、GLP-1の効果が弱まっている時間帯が発生してしまうかもしれません。

効果が切れると食欲が戻ってドカ食いする恐れもあるので注意しましょう。

一般的には低用量から開始し、徐々に容量を増やしていきます。

容量を多くしすぎてしまうと、効果は高まるかもしれませんが副作用の発生リスクも高まってしまうかもしれません。

容量に関しては、あなたに合わせてドクターが設定してくれているはずなので信頼して従ってください。

不純物が入っている危険性もあれば、有効成分量が正確に含まれていないこともあります。
効果が得られにくかったり、副作用のリスクが高まってしまったりすることも考えられます。

医療機関で取り扱っているGLP-1製剤は正規品なので心配ありません

ダイエットサポートをしてくれるクリニックを利用する

GLP-1ダイエットはGLP-1を用いて食欲を減退させ、その上で専門家(医師)による適切な指導で痩せるダイエット法です。
よってダイエットサポートという部分が極めて重要になってきます。

  • 適切な食事のアドバイスをしてくれるのか?
  • 適切な容量を指示してくれるのか?
  • サプリメントなどの処方はしてくれるのか?
  • ダイエット期間中に相談などを受け付けてくれているのか?

クリニック選びをするときには、上記のようなことも確認しておきましょう。
より良いクリニックを選んで精度の高いGLP-1ダイエットを行えば、ダイエットの成功率は極めて高くなるはずです。

東京GLPクリニック院長のまとめ

東京GLPクリニック院長のまとめ

東京GLPクリニック院長の深堀純也です。

GLP-1ダイエットの効果ですが、主なものとして「食欲の減退」と「満腹感の持続」があります。
簡単に言ってしまえば、食事の量を減らす効果が期待できるのです。

食欲の減退には、満腹中枢への刺激が大きな鍵を握っています。
そもそもGLP-1には小腸に食べ物が入ってくると分泌される、という仕組みがあります。
食事をすると分泌されるのですが、肥満になっている方は分泌機能が弱まっていることが多く、なかなか分泌されません。
だから満腹感が出てこず、結果として食べすぎてしまうのです。

しかし、GLP-1を摂取すると小腸が刺激を受けやすくなり、少量の食事でもGLP-1を分泌しやすくなります
少量の食事で満腹中枢が刺激を受ければ食事の総量が減り、摂取カロリーもダウンすると考えられます。

もう一つの満腹感の持続ですが、GLP-1の胃腸への働きに注目です。
GLP-1は胃液の分泌量を減らし、腸の蠕動運動を弱める働きがあるとされています。
食べ物の消化吸収に時間がかかるようになり、胃腸に食べ物が残りやすくなります
満腹感が持続することによって、おかわりであるとか食後のデザート、さらには間食を抑えるような効果まで期待できるのです。

「食欲が止まらない」「食べる量が多い」「食べてもすぐにお腹が空く」という方はGLP-1ダイエットの効果が得られる可能性が高いとされています。
食欲を我慢できずにダイエットに失敗した経験がある方にこそチャレンジしてほしいダイエット方法です。

東京GLPクリニックホームページから診察予約が出来ますので是非ご覧ください。

東京GLPクリニックホームページ