GLP-1 ダイエット クリニック 体験談 口コミ 料金 飲み薬

GLP-1ダイエットに必要な期間は何ヶ月?何キロ痩せるのかを口コミから検証

GLP-1ダイエットで16.5kg痩せた人がいます。

「一体どれくらいの期間で痩せたの?」と、興味のボルテージが一気に上がってしまいますね。
しかも、食事や運動の厳しい制限なしというからさらに驚きです。
もともと体重100kg超えでもなく、シンプルにGLP-1ダイエットをしただけ。
最新肥満治療というだけあって、GLP-1ダイエットは今までのダイエットの常識を超えてきます

・GLP-1ダイエットでどれくらい痩せられるのか
・口コミからの検証ありの真実が知りたい
・GLP-1ダイエットの最適期間はどう判断したら良い?

あなたに代わってGLP-1ダイエットの口コミ、期間についてじっくり調査いたしました。
マイナス16.5kgの証拠画像も紹介しますから、このままお進みくださいませ!

GLP-1ダイエットの期間ごとの痩せ方を検証

GLP-1ダイエットの期間ごとの痩せ方を検証

引用:YouTube『GLPダイエット:1ヶ月体験してみて』

最新肥満治療法としてGLP-1ダイエットと期間の関係をクチコミから検証していきましょう。
東京GLPクリニックでは、体験者のデータを公開しています。
画像では1ヶ月時点での状況が語られていますが、公式サイトでは2週間時点や3ヶ月後といった違う時期でのデータで登場している人もいます。

glp-1ダイエットに必要な期間は何ヶ月?何キロ痩せるのかを口コミから検証

【岡田さんのケース】

GLP-1ダイエット開始時の体重91.0kg

・約1ヶ月後(33日)マイナス7.9kg
・約1ヶ月半後(50日)マイナス11.3kg

【さとみさんのケース】

GLP-1ダイエット開始時の体重73.2kg

・27日でマイナス3.2kg
・2ヶ月70日でマイナス7.2kg

【成田さんのケース】

GLP-1ダイエット開始時の体重75.9kg

・1ヶ月後の体重 65.6kg(マイナス10.3kg)
・3ヶ月後の体重 59.4kg(マイナス16.5kg)
なんと驚異のマイナス16.5kgを達成した成田さんの画像は、東京GLPクリニックの公式サイトにも掲載されています。

ほかのブログや動画などからの情報

・テレビ番組の企画で体験したスタッフが2週間で78.2kgから75.6kg、マイナス2.6kg
・3週間で68.9kgから64.0kg、マイナス4.9kg(体験ブログ)
・55.5kgから5日1kg、7日1.5kg、10日2kg、14日2.6kgのマイナス(体験ブログ)

 

体重が落ちていくときの特徴

100以上のサイトをチェックしたところ、GLP-1ダイエットを行って体重が減少傾向になる事例が多く、期間が1ヶ月~2ヶ月で8kg前後の減量に成功できる率が高いことがわかりわかりました。

・輪郭が小さくなったと感じるのがマイナス3kg
・全体の印象が一回り小さくなって「ダイエットしたのね」と気づかれるのがマイナス6kg
・印象そのものが変わって「どうやってダイエットしたの?」と声をかけられるのがマイナス8kg超え

もちろん、GLP-1メディカルダイエットをせず、食事制限や運動で減量に成功する人はいますが、8kg超えのレベルでの減量はかなりハードルが高いです。
食べることが楽しみだった人にとって、食欲を抑えるために感じるストレスは大きなものです。

3日で続かなくなることもあれば、1~2週間我慢を重ねて爆発的に食べてしまってリバウンドしてしまうこともあります。
GLP-1ダイエットでジワジワ体重減少させて、8kg近い減量に成功するというのは、我慢のレベルを下げられたり、食欲が抑えることができるGLP-1の作用があってのことでしょう。

 

GLP-1ダイエット中に体重が増えることはないの?

GLP-1ダイエット経験者の岡田さん、さとみさんの画像グラフからもわかるように、体重はかなり激しく上下しています。

岡田さんの場合には、スーッと落ちたあと、停滞期を過ごして上下を繰り返しています。
動画出演あとの17日間で3.4kg体重を落としてマイナス11.3kgを達成しました。
さとみさんの場合には、落ちたと思ってもすぐ戻るという状態が少しあってから、体重が減り始め、70日めにはマイナス7.2kgを達成しました。

従来のダイエット方法では、食欲を抑えるストレスが大きく、続けて体重増の日があると気持ちがくじけてダイエットを諦めてしまうことが多いものです。
あるアンケート調査では、1週間以内に挫折する人が29%、1ヶ月続けた人が32%となっており、およそ6割が1ヶ月で挫折し、ダイエットをやめてしまうという結果になっています。

参考:何でも調査団『ダイエットについてのアンケート・ランキング』

 

GLP-1ダイエット体験者の女性
さとみ
我慢している感じがなかったので楽しくダイエットできました。今までの生活と変わらず、ビックマックとかガンガンだべっちゃったりしてたんですよ。

いきなり習慣を変える必要がないので、ストレスが少なく、70日間続けてジワジワと体重を減らすことができたのですね。
体重減少が停滞しても、”いつもどおり”を続けることがストレスを抱えないためには大事だといえます。

続けることでマイナス10kg以上を狙える可能性大

ストレスなく食事制限が自然にできるなら、長期でしっかり痩せることができそうですよね。
毎週1kg減を2ヶ月続けたらマイナス8kg減ですし、3ヶ月続けば12kg減です。

摂取カロリー>消費カロリー ⇒ カロリー収支がプラス】
摂取カロリーが消費カロリーが上回ることが続けば自動的に太っていきます。
ストレスで食欲のコントロールが乱れると頭でわかっていても止められない
【摂取カロリー<消費カロリー ⇒ カロリー収支がマイナス】
摂取カロリーが控えられると、ダイエットの意識とは関係なく自動的に痩せていきます。
GLP-1ダイエットで自然に食欲が抑えられると意識しなくても痩せていく

GLP-1ダイエットの場合には、いつもどおりに過ごすだけで大きな減量ができる可能性があります。
先ほど紹介した成田さんは、1ヶ月でマイナス10.3kg、3ヶ月後にはマイナス16.5kgのダイエットに成功しました。
2週間で2kg~3kgの成果が出たからと言って、GLP-1ダイエットをそこでやめてしまった場合、食欲がダイエット開始当時のレベルに戻って我慢がキツくなるでしょう。
すぐにリバウンドしてしまいそうです。

成田さんの場合には、みっちり3ヶ月GLP-1ダイエットを続けたので大きな変化を手にすることができたのです。
ある程度の期間取り組むと、GLP-1ダイエットで少量の食事で満足することが普通になって慣れてきます。
マイナス8kg超えを目標にするなら、2ヶ月程度の期間でプランニングするのが良さそうです。

東京GLPクリニックホームページ

GLP-1ダイエットの最低期間の根拠を検証

GLP-1ダイエットの最低期間の根拠を検証

 

大柄ともこ
GLP-1ダイエットだと、我慢している感覚がないから、一気に痩せるより、長期で痩せる計画でガツンとマイナス10kg超えを狙いたい感じがするわね。
米多ぼりく
早く痩せたいって気持ちはあるけど、極端な食事制限したあとの怖さを知っているだけに手堅く減量するって考えも必要だね。一気に痩せて貧血とか体調不良になるのも心配だよ。

 

体重減少はどれくらいのレベルが最適か

体重減少が大きすぎると低栄養のリスクが上がります。
一気に体重減少が進んだあと、免疫力低下、貧血など、栄養不足が原因の体調不良に陥りかねません。
高齢者介護の現場では、1ヶ月程度の期間に5%を超える体重減少を超えないこと、6ヶ月以上の期間に10%を超えないことが健康維持の目安になります。
ダイエットをするときにも、体に負担がかからない減少ペースの目安として知っておくと良いですね。

参考:明治『栄養ケアクラブ』

この目安から導き出される1ヶ月の目標としてふさわしい減少量はそれぞれ以下のようになります。

・体重55kgなら2.75kg
・体重60kgなら3kg
・体重65kgなら3.25kg
・体重70kgなら3.5kg
・体重75kgなら3.75kg
・体重80kgなら4kg
・体重85kgなら4.25kg
・体重90kgなら4.5kg
・体重95kgなら4.75kg
・体重100kgなら5kg

思ったよりも少ないと感じるかもしれませんね。
ただ、実際のダイエット中の体重減少は、上下しながら降下していくので、ある日の体重がマイナス5%を超えていても、平均値はそれほどでもない場合があります。
ごく緩やかに減少していて体調に問題が出ないケースもあるでしょう。
マイナス○kgという数字に縛られず、それぞれ個人によって目標体重は違うということを理解して取り組むことが大事です。

目標体重に到達するためにGLP-1ダイエットをどれくらいの期間行うか、専門家であるドクターに相談して決定する必要があります。
GLP-1ダイエットは医療機関で診療を受けて進めることが薬事法で決められていますし、健康的にダイエットを成功させるためにも、一人ひとりにふさわしい目標体重や期間をドクターに診断してもらいましょう。

行動の習慣化にかかる期間は?

人の体にはホメオスタシスという仕組みが備わっています。
環境の変化に対応して、体温を保つのも、体重が一定値を保とうとするのもこの仕組が関係しています。
低栄養が続くと、飢餓状態に備える体内環境にシフトして、体重が落ちにくくなるのはこのためです。

 

現状維持の本能であるホメオスタシスの機能は、1カ月で体重の5%以上落とすようなダイエットをしたときに働きます。1カ月で体重の5%というのは、体重80gの人であれば4キログラム、体重60キログラムの人であれば3キログラムということです。短期ダイエットでリバウンドする人の多くは「2カ月で15キログラム」というような大幅な減量のため、ホメオスタシスの機能が働きやすくなるのです。
参考:東洋経済『急に痩せた体をリバウンドさせないコツ3選』

 

また、食習慣や運動習慣など、意識しなくてもできる『習慣』がダイエット成功の鍵を握っています。
行動の習慣化には、21日説と66日説があり、一定の期間習慣化したい行動を続けて行う必要があることが定説となっています。
ダイエットを成功させるには、1~2ヶ月の期間をかけたほうが効果的で、持続性が高いと言えるのです。

 

新しい習慣は21日で身に付くという、「21日ルール」神話があります。(マクスウェル・マルツ医師マクスウェル・マルツ医師による)

習慣が身に付くまでの平均時間は66日で、参加者の間で18日から254日まで個人差がありました。(ロンドン大学フィリッパ・っリー博士による)
参考:日経グッディ『ダイエットと運動、どっちから始めるのがいいの?』

 

カロリー減少と理想体重になるまでの期間

栄養学上では、脂肪燃焼カロリーから1kgダイエットするのに必要なカロリーは7,200kcalとされています。

もちろん、ダイエットする人の体格や基礎代謝量によって細かい条件は変わってきますが、カロリー計算上の増減でどれくらいのダイエット効果があるかがわかります。

7,200kcalというと、成人男性が必要とするカロリーの2~3日分に相当します。

活動量の少ない成人女性の場合は、1400~2000kcal、男性は2200±200kcal程度が目安です。

参考:農林水産省 公式サイト

30日でマイナス7,200kcal、1kgのダイエットをするには、1日あたり240kcalのカロリーカットが必要になりなります。
これはご飯150g=252kcalですから、ほぼ1膳分ということになります。
毎日、ご飯1膳分を減らすと自然に1kgダイエットできるというわけです。

ごはんの重さは、お茶碗1杯で約150gです。大盛りの場合は200〜240gくらいが目安です。炊飯したごはん1合は約350gなので、お茶碗約2杯分に相当します。
参考:クックパッド

GLP-1ダイエットでは、自然に食欲が抑えられて、知らず知らずのうちにカロリーダウンできるダイエット方法です。
なんとなくたっぷり食べてストレス解消していた、お腹いっぱいになるまでの量が必要量を超えていたとう場合には、自然に食べる量が減るのです。
基礎代謝に必要なカロリーを目安にして、健康的な理想体重に近づけて行くという考え方がありますが、そんなダイエットがカロリー計算無しでできるのです。

GLP-1クリニックの期間設定は?

GLP-1クリニックの期間設定は?

大柄ともこ
GLP-1ダイエットはクリニックを受診しなきゃ始められないんでしょ。どうやってダイエット期間を決めたらいいのかな?
米多ぼりく
クリニックによってコースがまちまちだからね。体型や希望するダイエット期間によって選び方のポイントが変わってくると思うんだよね。

GLP-1ダイエットはクリニックでスタート!

GLP-1ダイエットはクリニックでスタート!

GLP-1ダイエットは、クリニックを受診して進める必要があるダイエットです。
GLP-1そのものは、もともとわたしたちの体の中にあるホルモンですが、GLP-1ダイエットではそのホルモンが増えるように『GLP-1受容体作動薬』という医薬品を摂取します。
『GLP-1受容体作動薬=じーえるぴーわん じゅようたい さどうやく』と読みます。

『GLP-1受容体作動薬』は、もともと糖尿病の治療薬として開発された薬です。
食欲を抑えて減量作用があるということから、アメリカ食品医薬品局FDAに肥満治療薬として認可を受けました。

肥満治療薬として認可を受けている『GLP-1受容体作動薬』には、トリルシティ、ビクトーザなどいくつか種類があり、処方の仕方や作用のあらわれ方に違いがあります。
また、日本の厚生労働省から糖尿病治療薬として認可を受けていますが、肥満治療薬としては健康保険対象外のため自由診療となります

 

GLP-1ダイエットのコースによる違いは?

 

東京GLPクリニック 2ヶ月、4ヶ月、9ヶ月
クリニックA 【プランA】
診療1回毎に薬を処方
【プランB】
1ヶ月ごと(カウンセリング・採血等全て込み)
クリニックB 1ヶ月毎にまとめたコースと、薬剤の処方ごとのコースがある

GLP-1ダイエットができるクリニックは増えていますが、コースは様々で、使われるGLP-1受容体作動薬の種類が違うこともあります。
「まずは薬剤が自分にあうのか試してみたい」という方は、単発で処方してもらうコースがあるクリニックが向いているかもしれません。

しかし、単発の処方で体重が減少したとしても、体にとってそれは”たまたまの出来事”としてとらえられており、もとの肥満習慣に戻ろうとする傾向が現れやすいのです。
GLP-1ダイエットを終了したあとも体重を維持したい場合には、1ヶ月~2ヶ月まとめて実施したほうが効果的なのではないでしょうか。

東京GLPクリニック院長のまとめ

東京GLPクリニック院長のまとめ

東京GLPクリニック院長の深堀純也です。

ダイエットは辛く我慢が必要なのがあたりまえだという常識がGLP-1ダイエットの登場で変わりました。
GLP-1ダイエットが、意志の強さに関係なく、自然と食事を抑えて必要量以上のエネルギー摂取を防ぐことができるダイエット法だからです。
我慢したり、運動をムリにしなくても自然に体重が減少していきます。

食欲はストスで増進することがあり、どうしても我慢ができない経験があって辛い場合、おなかが一杯だ」という満足感が得られるレベルそのものがあがっているのかもしれません。
GLP-1ダイエットでは、脳が満足するレベルを抑えることができ、少量の食事で満足できるようになります。
「頭では食べすぎてはいけない」と欲求を抑え込むストレスで過食に走ってしまう経験を持つ方にもおすすめできる減量法です。

私が院長を務める東京GLPクリニックは、GLP-1ダイエットの専門クリニックです。
遠方の方にはオンライン診療にて対応しております。
ウェブから予約していただけると、無料オンライン診断としてご相談いただけます。

東京GLPクリニックホームページ