脂肪燃焼スープ1週間ダイエットで失敗した口コミ11選!逆に太った原因とは?

1週間野菜たっぷりのスープを飲む脂肪燃焼スープダイエットは、手軽な材料で作れるスープを短期間飲むだけという簡単ダイエットです。
スープは満腹感を得やすく空腹知らずで、口コミを中心に人気が広がりました。
しかし、脂肪燃焼スープでダイエットした人の口コミを調べてみると、失敗したという口コミが多いことが気になります
「1週間で1キロしか痩せなかった」
「飽きて1週間も続けられない」
「なぜか体重が増えた」
一方では「脂肪燃焼スープで1週間で5キロ減量!」と言われているのに、もう一方では「全然痩せない」と低評価、と賛否両論ある脂肪燃焼スープダイエット。
脂肪燃焼スープダイエットに興味を持っても、痩せる痩せないと評価が分かれていると、どちらを信じるべきか、そもそも脂肪燃焼スープに効果はあるのかと疑心暗鬼になってしまいますよね。
そこで、今回は脂肪燃焼スープダイエットの失敗談を集めてみました。
失敗談から、脂肪燃焼スープダイエットで失敗した人の共通点が判明したんです!

脂肪燃焼スープダイエットで痩せるメカニズム

スープダイエット 失敗

まず、なぜスープで脂肪燃焼ができるのか、1週間と短期間で大幅減量が期待できるのか、ダイエットの仕組みについて解説します。

脂肪燃焼スープダイエットの方法

脂肪燃焼スープダイエットは、1週間の食事をスープを中心にして行う食事制限です。
脂肪燃焼スープの他に、果物やお肉、玄米など、1週間で日々脂肪燃焼スープと特定の食べ物を食べて行います。
脂肪燃焼スープは、トマトとチキンベースのあっさりとしたミネストローネのような味。
具材は野菜のみです。
脂肪燃焼スープダイエット中は、摂取を控えるべき食べ物、飲み物があります。

脂肪燃焼スープダイエット中は摂取NGなもの
・アルコール
・砂糖やクリーム入りのコーヒー、お茶
・100%ジュース以外のジュースや炭酸飲料
・牛乳
・小麦粉製品(パン、パスタ、ラーメン、揚げ物など)

スープで脂肪燃焼が進む理由

脂肪燃焼スープで痩せる理由は、摂取カロリーが大幅に抑えられるからです。
摂取カロリーが減ると、体脂肪がエネルギー源として消費されるため、脂肪が燃焼されやすくなります。
また、大幅に減量できるのは、脂肪燃焼スープに含まれる野菜の食物繊維でお通じが促され、体内の老廃物や毒素が排出されるからです。
要注意なのは、「5キロ減量できた」という口コミがあっても、体脂肪が5キロ減ったとは限らない、ということ。
溜め込まれやすい糖質や脂質の摂取を1週間控えることで、体重が一時的に大幅に減った、とも考えられるため、脂肪燃焼スープで短期間で体脂肪を一気に落とせる、というわけではありません。

脂肪燃焼スープでダイエットに失敗した口コミ11選

スープダイエット 失敗

脂肪燃焼スープでダイエットに失敗した人の口コミをチェックしてみましょう。
これからあなたが脂肪燃焼スープでダイエットをするなら、失敗を語る口コミから学べることがあるはずです。
どんな失敗談があるのか、あらかじめ知っておけば、いざ自分が脂肪燃焼スープダイエットを実践するときに注意するべきポイントを把握し、成功の確率がアップします。

「食べ過ぎて失敗した」という失敗談

脂肪燃焼スープダイエットの失敗談の中で、特に多かったのが食べ過ぎて失敗した、というエピソードです。
脂肪燃焼スープの基本レシピは、ノンオイルかつ具材は野菜のみでヘルシーですが、あっさりしているので物足りなさを感じやすいのです。
物足りなさを感じて、ベーコンやソーセージ、とろけるチーズなど高カロリーなトッピングを加えると、美味しくてつい食べ過ぎてしまい、結果的に痩せない、という失敗につながります。

また、脂肪燃焼スープ以外の食べ物を食べ過ぎたり、1週間の期間中に食べてはいけないものを食べてしまったりと、他の食べ物を食べ過ぎて失敗したという声も多いです。
1日の総摂取カロリーが多ければ、脂肪燃焼スープのようなヘルシーなものを食べても痩せません。
ダイエットは、摂取カロリーが消費カロリー、つまり基礎代謝量よりも少なくすることが大切です。
基礎代謝量以上のカロリーを摂取し続けると太ります。
脂肪燃焼スープの他に、糖質量が多い白米やパン、スナック菓子を食べてしまったり、アルコールを飲んだらおつまみも食べてしまったなど、ルールを守らないことが失敗へとつながっているのです。

「脂肪燃焼スープに飽きた」という失敗談

脂肪燃焼スープの味に飽きるという口コミも多かったです。
結果的に痩せたと評価している人もいますが、1週間は耐えてダイエットに成功しても、その反動で好きなものを食べ過ぎてしまい、リバウンド……という負の連鎖に陥る人もいます
脂肪燃焼スープの味は、野菜の旨味とトマトの酸味、チキンブイヨンのコクと風味豊かなイメージがあるかもしれませんが、塩分はほとんど使わないのでかなり薄味なんです。
脂肪燃焼スープが薄味でヘルシーなのは、元々は病院食として出されていたから。
アメリカでは、外科手術を受ける肥満患者向けに、野菜たっぷり薄味のスープ中心の食事プログラムを導入していた病院もあります。
病院食で食べ応えのあるこってり味の食事が出るわけありませんよね。
病院では医師や看護師が食事を管理するため、スープに飽きても続けなければいけませんが、日常生活では誰も食事を管理してくれません。
脂肪燃焼スープを食べ続けるには、ヘルシーな食事を続ける強い意志と、飽きないように自分で工夫をしなければいけないのです。

「美味しくないから続かない」という失敗談

「飽きた」という声と同じくらい多かったのが、「脂肪燃焼スープは美味しくない」という声。
実は、私も脂肪燃焼スープを作ったことがあるのですが、トマトジュースが苦手なので、トマトベースのスープも美味しく感じませんでした。
トマトなしでも作ったことはありますが、脂肪燃焼スープダイエットを始めるまで、好きなものを好きなだけ食べる食生活だったので、薄味の食事を美味しく食べられなかったんです。
普段からサラダなどで野菜をしっかり摂っている人や、和食のような薄味レシピが多い食事を摂っている人なら、脂肪燃焼スープの薄味にも早く慣れるかもしれません。
しかし、日頃こってりした味付けの食事が中心だった人には、脂肪燃焼スープを美味しく感じるのは難しいでしょう。

「体調を崩した」という失敗談

脂肪燃焼スープの始まりは、肥満患者向けの病院食なので、痩せ型の人や肥満レベルではない体型の人には、少々体に負担がかかりやすいかもしれません。
特に女性に多いのですが、痩せ型なのにモデル体型に憧れる人は多いですよね。
そんな人は、脂肪燃焼スープのような大幅に摂取カロリーを抑える食事制限をすると、エネルギーとして消費されるはずの体脂肪が少ないため、エネルギー不足を起こして体調を崩す可能性があります。
脂肪燃焼スープダイエットは、1週間だけですが、糖質や脂質を大幅に制限して摂取カロリーを抑えるダイエットです。
短期間だけでも、痩せ型の人には負担が大きいですし、中には1週間を超えて2週間、3週間と長期間続けている人もいますが、真似しないようにしましょう。

多くの若い女性が持つ「やせ願望」やダイエット指向。実はその多くの者がやせる必要がないのに、偏った食生活を送ったり極端なダイエットを繰り返しています。若い女性の「やせ」は多くの健康問題のリスクを高め、さらに若い女性や妊婦の低栄養問題は「次世代の子ども」の生活習慣病のリスクを高めると危惧されています。

出典:e-ヘルスネット 「若い女性の「やせ」や無理なダイエットが引き起こす栄養問題」

1週間脂肪燃焼スープダイエットで失敗しない鉄則

ダイエット やり方 おすすめ

1週間の脂肪燃焼スープダイエットの失敗談から、失敗の原因は主に2つあることがわかりました。

・スープ、または他のものの食べ過ぎ
・味(味が薄い、美味しくないなど)

この2つの原因を解決できて、さらに脂肪燃焼スープダイエットを効果的に行うために、守るべき鉄則をご紹介します。

食べる量は1食腹八分目までに抑える

脂肪燃焼スープはヘルシーですが、2杯、3杯と食べ過ぎたり、ルールで定められたもの以外の食べ物を食べたりするのはNGです。
腹八分目を意識して、満腹になる手前で食事を終えるようにしましょう。
「食欲が抑えられない!」という人は、早食いが原因で満腹感を感じにくくなっているかもしれません。
野菜を大きくカットしたり、きのこ類を多めに入れたりと、スープの具材をかみごたえのある具材にしてみてください
よく噛むことで、脳にある満腹中枢が刺激され、自然と食べる量をセーブできます。

専用のレシピ本を見てスープをアレンジする

「飽きる」「美味しくない」という声が多い脂肪燃焼スープですが、最近は脂肪燃焼スープのレシピ本が多く出ており、ヘルシーなアレンジレシピで作ることもできます。
アレンジは、自分で好きなトッピングを好きなだけ入れるのではなく、レシピ本に書いてあるレシピ通りに行ってくださいね。
毎日違うアレンジの脂肪燃焼スープなら、飽きずに美味しく食べられます。
トマトベースの味が苦手な人は、トマトベース以外の脂肪燃焼スープレシピを掲載したレシピ本がおすすめです。

ダイエット期間は1週間を守る

脂肪燃焼スープダイエットは、2週間、3週間と長期間続けられるダイエットではありません。
必ず期間は1週間に限定しましょう
脂肪燃焼スープダイエット中は、糖質や脂質、タンパク質がほとんど摂取できず、1週間以上続けると栄養不足で体調不良を起こす可能性があります。
また、エネルギー不足が続くと、筋肉が分解されてエネルギー源として消費され、筋肉量が落ちて基礎代謝が低下し、痩せにくい身体になってしまうのです。
1週間で目標体重に達成できなかったら、普段通りの食事に戻してから、ウォーキングやジョギングなど軽めの運動を取り入れた、健康的なダイエットを続けましょう。

東京glpクリニック院長のまとめ

「脂肪燃焼スープダイエットは結局どうなの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。
結論から申しますと、肥満体型の人が食習慣を改善する方法としてはおすすめです。

ただ、肥満体型ではない普通体型の人で、身体を引き締めたいと思っているなら、脂肪燃焼スープより、筋トレや有酸素運動を取り入れる方法の方が健康的に痩せられますよ。
脂肪燃焼スープダイエットは、短期間集中型の食事制限です。

日頃から高カロリーな食事を摂っている肥満体型の人なら、薄味のスープ中心の食生活を送ることで、味覚がリセットされ、食習慣の改善が期待できます。

しかし、失敗談には食欲が原因で失敗したという声が多いので、食欲を抑えられずダイエットに挫折してきた、という人にはきついダイエット方法かもしれませんね。
脂肪燃焼スープダイエットにトライしてみて、食欲が止まらなくて失敗した人は、食欲を自然に抑えられるglp-1ダイエットも検討してみてください。

私が院長を務める東京GLPクリニックでは、オンライン診断を無料で行っています。
遠隔地からの診療も可能です。

下記バナーをタップして、診療予約ページから予約可能日をご確認ください。

東京GLPクリニックのホームページ