GLP-1 ダイエット クリニック 体験談 口コミ 料金 飲み薬

【1分でわかる!】水ダイエットの効果的な飲み方と注意点のすべて!

「水を飲むだけのダイエットにはどんな効果があるのだろうか…」
「お酒でもいいのかな…」

水を飲むだけダイエットは具体的に効果的な水飲み方や飲む量は決まっているのでしょうか。

本記事では水ダイエットを成功させる方法を簡潔に紹介しています。具体的には以下の内容です。

  • ダイエットに成功する効果的な水の飲み方
  • 水ダイエットで痩せられる理由
  • 水が身体にもたらす5つの効果
  • 水ダイエットを行う際の3つの注意点

について詳しくお伝えします。

水ダイエット初心者でもわかりやすいように気になる情報をギュッと凝縮しました。1分ほどで理解できるので、あなたのダイエットにお役立てください。

ダイエットに成功する効果的な水の飲み方とは?

ダイエットに成功する効果的な水の飲み方とは?

まずはダイエットに成功する効果的な水の飲み方をお伝えします。具体的には以下の内容です。

  • 1日に飲むべき水の量
  • 1回に飲む水の量の目安
  • 適切な水を飲む時間帯
  • 水の温度による効果の違い
  • 水の種類の紹介と比較

順番に説明します。

【1日に飲む水の量】はどれくらい?

水は毎日1.2リットル以上飲むことを厚生労働省が推奨しています。

人間の身体から1日で排出される水分の量は2.5リットルです。身体の水分の5%を失うと脱水症状や熱中症などの症状が出る危険があるため、こまめに水を飲む必要があります。

一般的には食事で1リットルの水分補給をし、1.2リットルを補うために水を飲んでください。残りの0.3リットルは体内で作られた水分があるので、それで補います。

【1回に飲む水の量】の目安は?

1回に飲む水の量はコップ1杯程度が目安です。

なぜコップ1杯ずつ飲む必要があるかというと、人間の体内に溜めておける水の量が決まっているからです。一度に大量の水分をとっても身体に吸収されないまま排出されてしまいます。また体内の塩分濃度が低くなり、体調不良につながるケースも…

量はコップ1杯を目安にこまめな水分補給をおすすめします。

【水を飲む時間帯】はいつがいい?

水を飲むのは水分が不足しやすい以下のタイミングがベストです。

  • 朝起きてから
  • 夜寝る前
  • お風呂上がり
  • 運動をするとき

寝ている間は汗をかいて身体の水分が減っています。寝る前や起きてからすぐは水分補給するのをおすすめします。またお風呂に入っている間も0.5リットルほど汗で水分を失うため、お風呂の上がりには必ず水分補給をするのが効果的です。

また見落としがちですが、仕事をするときや座っているときにも常に体内の水分は失われているので、こまめな水分補給を心がけてください。

ダイエットを意識するなら食事の前にも水を飲むのがおすすめ。食欲を抑えて食事量を減らす効果を期待できます。

【水の温度】で効果が変わる?

水は温度によって効果が変わります。

  • 冷水
  • 常温水
  • 白湯

上記の3つに分けて効果を以下の表にまとめているので、ぜひ参考にしてください。

水の温度 効果
冷水 体温を下げて熱中症を予防できるため、運動中やのどが渇いたときにおすすめです。胃腸を刺激し便秘の改善にも効果的ですが、飲み過ぎるとお腹を壊すことも…
常温 ゆっくりと身体に吸収され、普通の水分補給に最適です。人間の体温に近く、胃や腸で溶けやすいので薬を飲むときには常温の水がおすすめです。
白湯 白湯は胃や腸に負担なく水分を吸収できます。身体を温めたいときやリラックスしたいときに飲むのがおすすめです。さらに臓器の働きを活発化させるので、冷え性改善や基礎代謝のアップが期待できます。

水は温度によって身体への影響が変わります。例えば

  • のどが渇いたら冷水
  • いつもは常温
  • 寝る前は白湯

のように、状況によって適切な温度の水を飲む意識が大切です。

ダイエットには基礎代謝を高める白湯をおすすめします。

【水の種類】がかなり重要!

水は温度だけでなく種類もかなり重要です。

  • 水道水
  • 炭酸水
  • 軟水
  • 硬水

上記の4種類の水の特徴を以下の表にまとめます。

水の種類 特徴
水道水 日本の水道水は51項目の水質基準をクリアしており、飲んでも危険はありません。水道管を通っている影響で味が変化していますが、沸騰させたり、レモンを搾ったりすることで水道水の味を軽減できます。
炭酸水 炭酸水は空気も一緒に飲むため最も胃を満たしやすいので、食欲を抑制することによるダイエット効果が期待できます。他にも血行促進や乳酸の排出による疲労回復効果も得られます。
軟水 水道水やお店で売られているミネラルウォーターのほとんどは軟水です。ミネラルとマグネシウムの量が少なく胃や腸にあまり負担をかけないので、とても飲みやすいです。
硬水 硬水は重くてクセのある味わいを持つ水です。マグネシウムが含まれており、便秘解消に役立つためダイエット中にはおすすめです。さらにミネラルやカルシウムも含まれているので、動脈硬化の予防にもつながります。ただし胃や腸に刺激を与え、お腹がゆるくなる可能性があります。飲みやすくするため炭酸水と混ぜるのがおすすめ。

一言で水と言っても種類と特徴があります。とくに硬水はクセが強いので、箱買いはせずに一度飲んでみることをおすすめします。

4種類の水のなかでは食欲を抑制する効果が最も高い炭酸水や便秘解消に役立つ硬水が特におすすめです。

なぜ水ダイエットで痩せる?5つの効果!

なぜ水ダイエットで痩せる?5つの効果!

水ダイエットで痩せる理由を以下の5つの効果に分けて紹介。

  • 満腹感で食べ過ぎ防止
  • 腸への刺激と水分量増加で便秘を改善
  • 基礎代謝の活性化で痩せやすい体質に
  • 血行やリンパの巡り改善でむくみ防止
  • デトックス効果で老廃物を排出

それぞれの効果について解説します。

満腹感で食べ過ぎを防止

食事の前に水を飲むと満腹感を得る助けになります。特に炭酸水はお腹を満たしやすいのでおすすめです。

実際に上記のように満腹感を得られたという口コミもあります。

食前に水を飲み、食べ過ぎ防止に役立てください。

腸への刺激と水分量増加で便秘を改善

冷水で腸に刺激を与えたり、水分を多めにとって便を柔らかくしたりすると、便通が良くなります。便秘で腸内環境が悪くなると基礎代謝が落ちて痩せにくい身体になるのでダイエットに悪影響。

他にも腸内の悪玉菌の増加により血行不良やむくみの原因にもなるので、十分な水分をとって便秘を改善することがダイエットにつながります。

基礎代謝の活発化で痩せやすい体質に

適切に水分補給するとするときれいな水が身体を循環でき、血行が良くなることで基礎代謝のアップが見込めます。また白湯を飲むと胃や腸が温まり臓器が活発に働くようになるので、さらなるダイエット効果を期待できます。

基礎代謝が上がると日常生活でのカロリー消費量が増え、ダイエット成功につながります。

血流やリンパの巡り改善でむくみ防止

むくみの原因は体内に水分が溜まってしまうことです。動脈を通って全身に栄養を運んだ水分は9割が静脈を巡り、残りの1割がリンパを巡ります。つまり静脈の血流を良くするとむくみが改善されやすいです。

また水には血液をサラサラにし、血行を良くする効果があるので、むくみ防止につながります。

デトックス効果で老廃物を排出

体内に毒素や老廃物がたまると臓器の動きがにぶくなり、脂肪を燃焼させるパワーも落ちてしまいます。十分な水分補給を心がけて古い水分と一緒に毒素や老廃物を排出することで、基礎代謝を高めることができます。

水ダイエットを安全に行う3つの注意点とは?

水ダイエットを安全に行う3つの注意点とは?

続いて水ダイエットを安全に行うために3つの注意点を紹介します。

  • 水の飲み過ぎは危険
  • カフェイン飲料やアルコールはNG
  • 食事を水に置き換えない

順番にわかりやすく説明します。

水の飲み過ぎは危険!

水を飲み過ぎると水中毒になってしまう可能性があるからです。水分は体内で使われた後外に出されますが、排泄する能力以上に水を飲むと体内の塩分濃度が下がりすぎて体調を崩す危険があります。

一度に水を飲む量はコップ1杯程度がおすすめです。

カフェイン飲料・アルコールはNG!

カフェインは個人差がありますが利尿作用により、水分補給の効果が弱いです。アルコールに関しても摂取した水分よりも尿として出る量が多くなるので、脱水症状を起こす可能性もあるのでご注意ください。

またジュースを水の代わりにすると糖分で逆に太ってしまいます。

よって水ダイエットするなら真水が原則です。

食事を水に置き換えない!

3つ目の注意点は食事を水に置き換えないことです。

食事は栄養バランスと量を考え、3食規則正しくとるのが安全で健康的に痩せる方法。食事の代わりにダイエット食品を食べる置き換えダイエットがありますが、しっかり栄養をとっているのが大前提です。

栄養失調で体調を崩すとダイエットどころではなくなります。適度な栄養バランスの食事をとり、健康的に痩せるのをおすすめします。

東京GLPクリニック院長のまとめ

東京GLPクリニック院長のまとめ

記事の内容を総括したあと、1日に飲むべき水の量は1.2リットルです。

ただし人間の身体には水が必要とはいえ飲み過ぎは禁物です。また水ダイエットでは他の飲み物への置き換えはできません。

厚生労働省も水分をしっかりとることを推奨しており、十分な水分補給は健康上とても大切です。水にはダイエットや美容効果もありますが、無理せず正しい方法で安全に行うのがおすすめです。

水ダイエットを正しく実践しているのに痩せない!という場合は、主に食べ過ぎが原因です。そこでおすすめなのは「GLP-1ダイエットです」

GLP-1ダイエットは食欲を自然と抑え、無理なくカロリー制限ができます。

GLP-1ダイエットはクリニックでの診察が必要ですので、下記のバナーから診察予約をお申し込みください。遠隔診療にも対応しているので、遠方にお住まいの場合でも大丈夫です。お待ちしております。