GLP-1 ダイエット クリニック 体験談 口コミ 料金 飲み薬

【やり方がわからない女性必見】本当に痩せたダイエットの口コミ集!

「本当に痩せるのはどのダイエット方法なんだろう…」
「ダイエット中に何をすれば痩せられるのかを知りたい…」

多くのダイエット方法がある中、本当に痩せられるのはどれなのか気になりますよね。

本記事では「本当に痩せた!」という声があるダイエット方法を、15人の口コミ紹介とあわせてまとめています。

さらに以下の内容も紹介。

  • どんなダイエットが痩せるのか
  • 危険な3つのダイエット方法
  • 最も痩せるダイエットの7ステップ

2分以内に読み終わる内容ですし、健康的で効果のあるダイエットの知識を、初心者でもわかりやすくお伝えします。

ぜひあなたのダイエットにお役立てください。

本当に痩せたダイエットは?15人の口コミ集!

本当に痩せたダイエットは?15人の口コミ集!

まずは様々なダイエットで本当に痩せた15人の口コミを紹介します。

みなさんの口コミを見た結果、

  • 栄養バランスの良い食事
  • 適度な運動
  • 腸内環境を整える
  • 適切なカロリーの食事をとる

上記のように王道のダイエット方法が最も痩せやすいとわかります。

つまりダイエットでも基本が大切ということです。

続いて痩せるのに必要な基本的な内容を紹介するので、ぜひ目を通してみてください!

危険なダイエット法はNG!3つの注意点は?

 

危険なダイエット法はNG!3つの注意点は?

避けてほしい危険なダイエット方法は以下の3つです。

  • 過度な食事制限
  • 激しい運動
  • 無理な我慢や大きなストレス

順番に詳しく説明します。

過度な食事制限

過度な食事制限は、以下のデメリットによりおすすめできません。

  • たんぱく質不足による筋肉量の減少
  • 体質の変化によるリバウンド
  • 栄養不足による低栄養

過度な食事制限をした人は、筋肉量の減少による基礎代謝の低下が原因で、痩せにくい身体になってしまいます。

さらに脳が飢餓状態と勘違いしてため込みやすい体質になるため、もとの食事にもどしたときにリバウンドしやすいです。

低栄養の症状で元気がなくなったり病気にかかりやすくなったりする可能性も高いので、注意が必要。

行きすぎた食事制限は、他にも以下のようなリスクをもたらします。

  • 太るのが怖くて食べられなくなる「神経性食欲不振症」
  • 女性らしさをつくるホルモン、エストロゲンの不足による生理不順や排卵障害

食事制限は無理のない範囲で試してください。

激しい運動

身体が極度の低血糖状態になることがあるため、激しい運動は危険です。

低血糖は身体のエネルギーが足りない状態です。

激しい運動中はかなりの糖質が使われているのが原因。

エネルギー不足が続いてしまうと、軽い空腹感や倦怠感からはじまり最悪の場合は意識を失います。

とくにダイエット中は糖質の摂取量を意識して減らしますので、無理のない運動を心がけてください。

無理な我慢や大きなストレス

無理な我慢や大きなストレスがあると、逆に太りやすくなります。

理由は、コルチゾールというストレスホルモンの分泌量が増えるからです。

以下の研究によりコルチゾールが増えると、筋肉量の減少と内臓脂肪の増加をもたらすことがわかります。

高WHRの男性と女性の間で観察された心理的な違いとコルチゾールへのより大きな暴露が、より大きな腹部脂肪蓄積に寄与する役割を果たした可能性があることを示唆しています。

引用元:米国国立医学図書館 国立衛生研究所

また同時に食欲を抑制するレプチンの分泌量が減少するので、ダイエットに悪影響です。
レプチンの不足は肥満の原因であることは以下の論文で証明されています。
正常なレプチンが産生されないことが原因で異常な肥満が生じる.このマウスにレプチンを補充すると体脂肪の減少が顕著に起こる.
引用元:jstage.jst.go.jp

ストレスを少なくするために、ダイエット中でも無理な我慢をしないのが大切です。

【実践編】最も痩せるダイエットの7ステップ!

【実践編】最も痩せるダイエットの7ステップ!

最も痩せるダイエットの7ステップは以下のとおりです。

  1. 痩せたい理由と期間を明確にする
  2. 食事をコントロールする
  3. 30分以上の運動を週に3回行う
  4. お風呂で身体を温める
  5. マッサージでセルライトをやっつける
  6. 睡眠をたっぷりとる
  7. ストレス発散法を見つける

ひとつずつ詳しく説明します。

痩せたい理由と期間を明確にする

ダイエットは目標設定が大切です。

  • 来年の夏は水着を着て海に行きたい
  • 好きな人との恋愛を成功させたい
  • モデルになりたい

などの目標があると、モチベーションが上がりダイエットの継続につながります。

さらに「今日はつらいから明日でいいや…」といった先延ばしを防ぐために、期間も合わせて決めておくのがおすすめです。

食事コントロールをする

最も簡単にできる食事コントロールは、加工食品を減らすことです。

加工食品とは以下のような食べ物で、摂取カロリーが非常に高いのが特徴です。

  • カップラーメン
  • レトルト食品
  • 菓子パン
  • コーラやファンタなどのジュース
  • スナック菓子
  • ウインナーやハムなどの加工肉

加工食品を避けるように意識すると、1日平均200~300kcalほどの摂取カロリーを減らせます。

つまり3食きっちり食べても1ヶ月で摂取カロリーを6,000~9,000kcal抑えることが可能。

1kgの脂肪を消費するのに必要なカロリーは7,200kcalなので、加工食品を避けるだけでダイエット効果が期待できます

さらに加工食品をとりすぎると、食欲を抑える働きがあるレプチンが指令を出しても脳が反応せず、食べ過ぎの原因になります。

加工食品を減らすために、2日に1回の自炊からはじめてみてはいかがでしょうか?

30分以上の運動を週に3回行う

厚生労働省のデータによれば、週10メッツ以上の運動が内臓脂肪の減少に効果的とされています。

メッツは運動したときのカロリー消費の大きさを表わす値。

週10メッツの運動の具体例をあげると、平地での早歩きを90分ほどです。

つまり早歩きでも1日30分以上を週に3回行えば、内臓脂肪が減りやすくなります。

もちろんある程度強い運動のほうが効果的ですので、1日30分以上の無理のない運動を週に3回することを目標にしてみてください。

お風呂で体を温める

お風呂で身体を温めることによる以下の効果が、論文で証明されています。

  • 代謝を改善し、脂肪が燃えやすくする
  • 老廃物を排出し、腸内環境を整える
  • 疲労が回復し、ストレス対策になる

入浴による温熱作用により、血管拡張が生じる。皮膚で温められた血液が効率よく熱を体内に持ち込み、深部体温は 0.7 から 1.0℃も上昇する。この温熱作用は、血管拡張となり全身の代謝改善と老廃物排出が疲労回復や痛みの改善となるとされている

引用元:入浴法および入浴習慣が心身に及ぼす影響に関する研究

ストレス対策や腸内環境の改善をすると食欲が安定し、楽に痩せられるようになります。

また半身浴でも1時間で100kcalほど消費できるので、お風呂に入るとダイエット効果が期待できます。

マッサージでセルライトをやっつける

セルライトとはお尻、太もも、二の腕などの皮膚に見られるみかんの皮のようなでこぼこです。

血行が悪くなると身体に水分や老廃物がたまりセルライトができます。

セルライトはダイエットで体重を落としてもなかなか消えないので、放置したままでは美しい身体が手に入りません。

そこで以下のようなリンパの流れを意識したマッサージを試してみてください。

  • 鎖骨の上を真ん中から外側に向かってなでる
  • 太ももの裏からおしりに向かってなでる

リンパや血液の流れを良くして、セルライトを除去する効果を期待できます。

睡眠をたっぷりとる

睡眠不足がダイエットの天敵であるのは、以下のふたつのホルモンバランスが乱れるからです。

  • 食欲を抑えるレプチン
  • 食欲を旺盛にするグレリン

睡眠不足になるとレプチンが減少しグレリンが増加

そのため食欲を抑えきれずに食べ過ぎて太ってしまいます。

また代謝に大きく影響する成長ホルモンの分泌量が減り、基礎代謝が低下することで痩せにくい身体になります。

良質な睡眠をとれるように、寝る前には以下の項目を意識してください。

  • ブルーライトを浴びない
  • カフェインをとらない
  • お酒を飲まない
  • 食べ過ぎない

寝る前は、目がさえる働きのある交感神経を刺激しないのが大切です。

ストレス発散法をみつける

以下のふたつの作用により、ストレスはダイエットの妨げになります。

  • コルチゾールの分泌による内臓脂肪の増加
  • レプチンの減少による食欲の増加

以下のようなやり方から、自分にあったストレス発散法を探してみてください。

  • 笑う
  • 瞑想を行う
  • 音楽を聴く
  • 適度に運動する
  • お気に入りの場所で過ごす

ただし寝酒や暴食など、ダイエットと相性が悪い方法は避けるのがおすすめです。

東京GLPクリニック院長のまとめ

東京GLPクリニック院長のまとめ

どんなダイエット方法を試す場合でも、以下の3つのポイントを意識すると効果的です。

  • 食事をコントロールする
  • 適度に運動する
  • ストレス対策をする

ダイエット法はたくさんありますが、基本は消費カロリーと摂取カロリーのバランス

痩せたいからといって過度で急激なダイエットは危険なので、食事や運動、生活習慣を見直してあせらず減量することが大切です。

「いろいろなダイエットを試してみたのに痩せられない!」という場合は、ほとんど食べ過ぎが原因です。

ついつい食べてしまう方には「GLP-1ダイエット」をおすすめします。

GLP-1ダイエットは食欲を自然と抑え、無理なくカロリー制限ができます。

クリニックでの診察が必要ですので、下記のバナーから診察予約をお申し込みください。

遠隔診療にも対応しているので、遠方にお住まいの場合でも十分に効果を期待できます。

お問い合わせお申し込みを、お待ちしております。