GLP-1 ダイエット クリニック 体験談 口コミ 料金 飲み薬

どうやって40kg減?3人のダイエット法やビフォーアフターまとめ!

ダイエットがうまくいかず、続けるモチベーションを失っていませんか?

いったいどうやったら、ダイエットに成功した人のように、人生を変えられるでしょうか?

ダイエットを成功させるには、食事と運動のバランスが大切といわれています。

でも、どちらもやりすぎると長続きしません。

バランスが悪くても失敗してしまいます。

当記事では、大幅なダイエットに成功した3人の体験談に着目

成功のポイントを解説します。

特別な能力がある人の体験談ではなく、皆さんと同じ一般の方が達成したものです。

5分で読めて、明日からすぐ実践できますので、ぜひ参考にしてください。

【1年半で40kg減!】@marty2367さん

【1年半で40㎏減!】@marty2367さん

@marty2367さんは、ダイエットに成功したインスタグラマーとして大人気。

正しい食事と運動をコツコツ続けていけば、成果が出ることを証明しています。

ではどのような方法でダイエットに取り組んだのか、具体的に見ていきましょう。

体重ビフォーアフター

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marty🌿🐑1年半で-40kgダイエット&妊活アドバイザー(@marty2367)がシェアした投稿

1年半前:90kg(人生最大の体重) 現在:50kg→ 1年半で、40kgの減!

1年半ダイエットを続けるには、相当の根気が必要です。

どのような方法でダイエットを続けて、どうやってモチベーションを維持したのでしょうか。

食事ダイエット法は?

食事ダイエット法のポイントは、次の4つです。

  • 糖質を食べるのは週1~2回まで
  • 「肉食」メインで筋肉づくり
  • 甘いものを我慢しすぎない
  • 緑黄色野菜でビタミン・ミネラルをチャージ

それぞれについて、@marty2367さんのインスタグラムなどから簡単に整理します。

糖質を食べるのは週1~2回まで

糖質制限をすると、体の脂肪が燃焼しやすくなることが知られています。

その理由は、次のとおりです。

  • 糖質をカットすると、血糖値の急上昇が抑えられインスリンの分泌も抑えられる。
  • インスリンの分泌を抑えると、血中の余った糖分を脂肪として蓄積される作用が抑えられるため、体脂肪の増加も抑制できる。
  • 糖質をカットすると、エネルギー源として中性脂肪の利用が増える。
  • エネルギー不足を補うため、蓄積されている中性脂肪や体脂肪を分解して必要なエネルギー源を生み出す。

@marty2367さんは、米、麺、パンなどを週1~2回までしか食べないようにしたそうです。

糖質ゼロ食品は特に食べなかったとのこと。

糖質ゼロ食品は、糖質を含む主食系の食べ物と比べてどうしても美味しさを感じにくい。

モチベーションを保つ意味も、あったのかもしれません。

「肉食」メインで筋肉づくり

@marty2367さんは、昼と夜にサーロインを200g食べたりしていたそうです。

すっかり肉食メインの食生活に変え、たんぱく質をたくさん摂りいれました。

肉は、筋肉の材料になるたんぱく質が豊富。

これに筋肉トレーニングを組み合わせれば、基礎代謝が高まり引き締まった体作りが進みます。

甘い物を我慢しすぎない

@marty2367さんは、甘いものが大好き。

多くの女性は、きっとそうなのではないでしょうか?

特にチョコレートが大好きで、朝に数粒だけ食べていたとのこと。

工夫していたことといえば、カカオ成分が多い高級チョコレートを食べていたこと。

コンビニでも、手軽に買えますね。

また、スイーツも低糖質なティラミスなどを作って楽しんでいたそうです。

インスタグラムのフォロワーからのコメントも、きっと励みになったでしょう。

緑黄色野菜でビタミン・ミネラルをチャージ

当初は野菜も苦手だった@marty2367さん。

でも、ビタミンやミネラルがダイエットに大切なので、今では緑黄色野菜も積極的に食べているそうです。

運動ダイエット法は?

運動については、次の順序で進めていったそうです。

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 筋トレ

ウォーキング→ジョギング

最初はウォーキングに取り組み、体重を減らしていきました。

その後体が軽くなってからは、ジョギングに切り替えたとのこと。

1か月続けた結果、10kg痩せたそうです。

筋トレ

体を引き締めるために筋トレを始めた結果、さらにワンランク上の美ボディに。

現在はジムのトレーナーとボディメイクをしているとのことですが、家でも隙間時間に筋トレをしているそうです。

家でも隙間時間にできる筋トレは、参考になりそうですね。

@marty2367さんは、運動を習慣にすることの大切さを強調しています。

そのためのポイントは、

  • 焦らずコツコツ続けること
  • 習慣にしてしまうこと

そして今でもキレイになろうと努力を続け、美ボディを維持し続けているとのこと。

特に脚痩せとお尻の位置を上げることを目標に、足を鍛えるトレーニングのレッグプレスで重量200kg達成を目指しているそうです。

40kg痩せて人生はどう変わった?

いまでは、インスタグラマーとしてすっかり有名になりました。

インスタグラムのフォロワーは、4.7万人もいます。

さらに、オンラインでダイエットのアドバイザーとしても活躍しているそうです。

参考:1年半で40kg痩せました♡SNSで人気な@marty2367さんのダイエット法

【高度肥満から40kg痩せ!】朽木誠一郎さん

【高度肥満から40㎏痩せ!】朽木誠一郎さん

朽木誠一郎さんは、ベンチャー企業で激務を経験。

高度肥満といわれるほど、体重が増えてしまいました。

その後ダイエットに励み、5年後の現在は見違えるほど外見がすっきり。

健康上のリスクも減り、毎日が充実しているとのことです。

ではどのような方法でダイエットに取り組んだのか、具体的に見ていきましょう。

体重ビフォーアフター

朽木誠一郎

出典:withnews 115kgから40kgダイエット成功、コツは食事?運動? 医学的に考察

2015年:115kg(人生最大の体重)→ 2019年:75kg 
5年間で40kgのマイナス! 体脂肪率は、33%から18%に激減!

1年間で、8kgダイエットした計算になります。

しかしこの後紹介しますが、何度もリバウンドを繰り返したのだそうです。

では朽木さんはリバウンドを繰り返しながらも、どうやって40kgのダイエットに成功したのでしょうか。

食事ダイエット法は?

朽木さんは、リバウンドを防ぎ、効率よく体重を減らすためにはどうしたらいいか悩みました。

そこで、たどり着いたのが糖質制限です。

食べたい!という気持ちを抑えるのは難しい。

摂取カロリーと消費カロリーの収支でダイエットの結果が決まるとすると、摂取カロリーをコントロールするのが手っ取り早い。

1日のカロリー消費の中身を細かく分析すれば、

  • 6割が基礎代謝
  • 3割が生活活動
  • 1割が運動などで意識的に増やせる

この数字を踏まえて、もっとも効率が良いのは食事の管理と朽木さんは分析しました。

「食べていながら肥満を防ぐ」ために、糖質制限に取り組んだ朽木さん。

いわゆるロカボダイエットの目標は、

  • 1食あたり20~40g
  • 1日70~130g以内

食べる量を減らすことばかり考えていると、ダイエットは続きません。

朽木さんは、2017~2018年にかけて、パンやめん類を減らしました。

パーソナルジムで管理栄養士の指導のもと、以下の食材を中心とした食事に切り替えたとのこと。

  • 野菜
  • 大豆類
  • ナッツ など

腹八分目程度に体をならしていったのが、成功のポイントでした。

運動ダイエット法は?

朽木さんは、2016年頃に一念発起。

極端に食事を減らし、運動を始めました。

口に入れるのは豆腐や果物で、深夜に5kmのジョギング。

そのときの結果は、1か月で8~9kg体重が減ったそうです。

ただし、常に空腹で仕事の集中力低下など悪影響も。

そして、3か月でリバウンド。

運動は面倒でしなくなり、かえって体重が5kg増えてしまいました。

そのあとは、3桁の体重へリバウンド。

2017年に、体重は100kgの大台に逆戻りです。

リバウンドした原因について、朽木さんは食事が偏っていて、耐えきれなくなったことだと分析しています。

朽木さんにとっては、運動より食事を糖質制限に変えた方法が効果的だったようです。

40kg痩せて人生はどう変わった?

もともとは、ITベンチャーの社員だった朽木さん。

いまでは朝日新聞記者として、医療を取り上げる記者になりました。

体脂肪率一桁を目指して、週6日欠かさずトレーニングに励む日々を送っています。

2020年5月には、ダイエットをテーマにした本が出るそうです。

参考:115kgから40kgダイエット成功、コツは食事?運動? 医学的に考察

【3人の子供がいても40kg減!】比嘉直子さん

【3人の子供がいても40㎏減!】比嘉直子さん

比嘉さんは、3人の子供を妊娠・出産し、最大で100kgまで体重が増えました。

そこから糖質制限を行い、見事40kgのダイエットに成功。

その体験を、著書で発表しました。

今は、ダイエットカウンセラーとして活躍中です。

では、比嘉さんがどのようにダイエットを成功させたのか見ていきましょう。

体重ビフォーアフター

比嘉直子さん 身長164cm 最初:48kg
13歳のとき:48kg→60kg(+12kg)20代までは50kg台をキープ。
結婚、妊娠、出産を3回繰り返し→100kgに到達

食事ダイエット法は?

比嘉さんの食事ダイエット法は、糖質制限です。

当初は子育ての忙しさから、手軽ですぐにお腹が満たされる、以下のような食事ばかりとっていました。

  • おにぎり
  • パン
  • うどん

カロリーを気にして、肉や油は最低限しか摂取せず。

すると、ある日突然、強烈な空腹感に襲われて夜中にご飯を炊いて食べるように。

ダイエットをやめた途端、食べる量がさらに増えました。

比嘉さんの体は、ダイエット中に重要な以下の栄養素が不足していたのです。

  • タンパク質
  • ミネラル
  • 脂質

体が必要とする栄養素を取らないと、糖質が多いものを無性に食べたくなる糖質中毒になってしまいます。

このことに気づいた比嘉さんは、糖質オフレシピを考案し、必要な栄養素をしっかりとりながらダイエットを進めていったそうです。

運動ダイエット法は?

比嘉さんは、特にこれといった運動ダイエットを行っていたわけではないようです。

ウォーキングを行った程度で、ダイエットは食事の管理がメインでした。

比嘉さんには、栄養バランスをとりながら糖質を減らす食事方法が効果的だったようです。

40kg痩せて人生はどう変わった?

ダイエットのコツを理解した比嘉さんは、1年半で40kgもの減量に成功しました。

2年たった今もリバウンドせず。

現在は、本業である農家の仕事をしながら、沖縄の「じねんこどもクリニック」ダイエット外来でダイエットアドバイザーをしています。

参考:ダ・ヴィンチニュース その肥満、もしかしたら「栄養失調」が原因かも! 1年半でマイナス40kgの減量が叶った“卒デブ法”

東京GLPクリニック院長のまとめ

東京GLPクリニック院長のまとめ

大幅な減量は、無理をせず体調と相談しながら行うのが大切です。

一般的に、短期間で大幅に減量するのは体に負担がかかり、リバウンドの危険性もあります。

ですが、GLP-1ダイエットでは1か月10kg減量した人もいます。

なるべく短い期間で、安全に大幅減量したいなら、医師が行う痩身法を試してみませんか?

カウンセリングは無料です。

ぜひ、当クリニックにご相談ください。

ご来院お待ちしています!