GLP-1 ダイエット クリニック 体験談 口コミ 料金 飲み薬

肥満と低血圧の関係性とは?低血圧にならずに簡単に痩せられるダイエット

「肥満は高血圧に気を付けなければいけない」と耳にしたことがある人は多いはずです。確かに、高血圧は肥満である人が持つ病気の中でも重大なリスクを持っているものです。

高血圧は頭痛やめまい、肩こり、動悸といった日常的に違和感を覚える症状だけには留まりません。ひどくなると動脈硬化は脳卒中といった命の危険性をもたらす病気なので非常に厄介です。

しかし、高血圧の予防を行うとなると、今度は低血圧に注意しなければなりません。では、どうして肥満の人が低血圧にも注意しなくてはいけないのか知っていますか?

今回は、

・肥満の方がなぜ低血圧となるのか

・低血圧が引き起こす症状

・低血圧で痩せづらくなる理由

・低血圧の対策方法

など、肥満が低血圧になぜ結びついてしまうのか理由や対策方法をご紹介していきます。全文を通して約5分で読める内容なので、ぜひご覧ください。

肥満であっても低血圧を引き起こす原因とは?

肥満の方は普通に日常生活を過ごすだけでも、様々な病気をもたらしてしまう危険性があります。

様々な病気の中で特に患者数が多い部類に入るのが高血圧です。一般的に肥満の方は低血圧よりも高血圧を引き起こす可能性が高くなっていますが、なぜ低血圧でも肥満の方がいるのでしょうか?

その理由には、高血圧を予防するための無理なダイエットという原因が隠れています。

過度なダイエットが低血圧となる理由

ダイエットでは運動が欠かせないものと考える人は多いです。人間の体というのは、急に負担が大きくかかる運動をしてしまうと、活発に動く体に反応するために、多くの血液を筋肉に運び込もうとします。

筋肉に血液がたくさん運ばれる一方、頭には血液が不足してしまい、低血圧となってしまいます。そのため、運動後は低血圧によって体調不良を起こしてしまう可能性が高いです。

これまでに運動習慣がなかった肥満体質の人だと、それほど激しくない運動でも血液循環に支障をきたし、低血圧を招いてしまいます。「自分は高血圧だから」といっても、低血圧になる可能性はゼロではないのです。

また、ダイエットを行うとなると運動だけではなく食事制限で痩せようとする人も多いです。痩せる結果を1日でも早く残すために大幅な食事制限をするとなると、本来体に備えるべき必要な栄養素が不足する問題が生じてしまいます。

食事を控えすぎて栄養不足になると血液の巡りが悪くなってしまい、自律神経が乱れるとともに低血圧状態に陥ります。特に女性は男性よりも貧血を起こしやすく、低血圧になる可能性が高いです。

いくら肥満で高血圧でも、無理なダイエットは低血圧を引き起こす危険性があります。肥満でも低血圧を起こすと理解することが大切です。

低血圧に値する数値とは?

低血圧に値する血圧がどれくらいかというと、公益財団法人日本心臓財団の発表では収縮期血圧が100mmHg未満は低血圧に分類されます。収縮期血圧というのは最高血圧のことで、一番血圧が高い状態の数値です。

出典:公益財団法人 日本心臓財団

低血圧は様々な症状が体を襲う

高血圧よりも甘く見られがちな低血圧ですが、実は様々な症状が現れる引き金でもあります。

・立ちくらみ、めまい

・睡眠障害(不眠など)

・頭痛

・倦怠感、疲労感

・肩こり

・耳鳴り

・動悸

・胸痛

・胃もたれ

・悪心

・失神発作

低血圧は以上のような症状を引き起こす可能性が高いです。症状の中には単なる体調不良で片付けてしまうものも多いため、低血圧であることを自覚していない人もいます。

上記に書いた複数の症状が一気に体を襲ってくることも少ないですが、ひどい症状になると立つこともままならない状態に陥ります。そして、血圧が低くなりすぎるとともに失神発作が起こり、病院に運ばれてしまう危険をもたらすのです。

女性に多いとされる低血圧ですが、年齢が上がるとともに男性の患者数も増えて男女の差は少なくなります。女性だけの問題だと捉えることなく、低血圧の症状が見られる場合には早めに医療機関を受診してください。

低血圧の人は基礎代謝が低いことが多い

低血圧の人は食事制限で栄養素が不足している状態であることが多いです。体に必要な栄養素が足りない状態が続くと、身体全体にエネルギーを行き渡らせることができなくなり、筋肉や体の中に熱を作りにくい体になります。体内に熱が生産されなくなると基礎代謝が低い状態、つまり痩せにくい体になるのです。

特にダイエットで体温が下がってしまった人は要注意です。体温というのは1℃下がるだけでも基礎代謝を大きく低下させます。基礎代謝は下がれば下がるほどダイエットの効率が悪くなる一方です。

人間は食事を行うだけでも体内にある程度の熱を生み出すことができ、エネルギーを消費できます。ただ、食事制限によるダイエットを積み重ねてしまうと基礎代謝が一気に低下し、少し食べただけでもエネルギーの吸収率が高まるため、ダイエットには逆効果です。

食事量を減らしてもダイエットの成果を感じられない方は、食事内容を改めて見直すことをおすすめします。

低血圧にならないための対策法

様々な症状を引き起こす低血圧、そして痩せない体を作り出してしまう基礎代謝は、どちらも肥満の方にとって見逃せない問題です。低血圧を招かずに肥満のリスクと向き合うためには、見直すべき点がいくつか挙げられます。

塩分やたんぱく質をきちんと摂取する

肥満や高血圧になってしまうからといって、塩分やたんぱく質の摂取も控える食事制限をしていませんか?

塩分は血管を収縮させる効果があるため、血圧を上げてしまいます。しかし、摂取を怠り過ぎると低血圧を招くのです。自身の性別・年齢・体型に合った適切な量を摂る必要があります。

 

適切な摂取量は以下の表を参考にしてください。

 

【塩分】

男性(18歳以上) 女性(18歳以上)
1.5g~8.0g未満 1.5g~7.0g未満

出典:公益財団法人 長寿科学振興財団 

 

【たんぱく質】

男性(18歳以上) 女性(18歳以上)
60g以上 50g以上

出典:厚生労働省

たんぱく質は筋肉を構成する栄養素です。不足すると基礎代謝が低下し、いくら頑張っても成果が出ないダイエットとなってしまいます。

さらに、たんぱく質には疲労の回復を促進する効果があります。運動を行うダイエットで疲れが残ってしまう場合には、積極的にたんぱく質を摂取していきましょう。

長時間のアルコール摂取は控える

アルコールには体を温める効果があるので、ダイエットにも効果的と考える人がいます。しかし、アルコールの摂取は血管を広げる作用があり、アルコール摂取中は血圧が低い状態です。長時間アルコールを摂取すると低血圧の状態が続いてしまい、症状が現れる可能性もあるので注意してください。

特に血圧が元から低めでの方は、アルコールの長時間摂取は危険です。低血圧により立ち上がった瞬間に失神を起こしやすくなり、転んで怪我をする可能性もあります。

規則正しい生活を心掛ける

低血圧だと朝起きるのもつらくなり、朝食を抜くほどギリギリまで寝ている人が多いです。

朝食を摂らずに生活をしていると、血圧を正常値まで上昇させるためのエネルギーが摂取できず、低血圧の状態が続いてしまいます。エネルギー不足となれば当然体は思うとおりに働かなくなってしまい、ダイエットの成果も出にくくなります。

朝がつらくなってきたと感じても、朝食を抜くことなく早寝早起きすることが大切です。そのためには、食生活だけでなく就寝環境も見直し、質のよい睡眠が取れる環境づくりも必要といえます。

低血圧を防ぎつつダイエットするにはGLP-1ダイエットが最適

ダイエット時の低血圧を心配するのであれば、GLP-1ダイエットがおすすめです。具体的にGLP-1ダイエットとはどのようなダイエット方法なのか解説していきます。

GLP-1ダイエットとは?

GLP-1ダイエットは消化管ホルモンを使ったダイエットで、GLP-1を体に摂り入れることで太りにくい体を作ってくれます。

人間が摂取した食べ物というのは、小腸の出口に到達すると分泌されたGLP-1によって食欲の抑制をしてくれたり、血糖を低下させてくれたりしています。GLP-1の分泌が少ないという方は食欲抑制や血糖値を下げるのが上手くいかず、少量の摂取でも太りやすい体となってしまうのです。

GLP-1ダイエットは、体内に直接GLP-1を摂取していくため太りやすい体質にダイレクトに効果をもたらすのが特徴です。GLP-1の分泌が多くなることで脳の食欲中枢に「満腹である」というシグナルを出し、食欲を抑えてくれます。

GLP-1ダイエットなら東京GLPクリニックがおすすめ

GLP-1を体内に摂取するとなると不安を感じる人も多く見られます。昨今様々な病院で取り扱いを始めているGLP-1ダイエットですが、特に安心して利用できるのは東京GLPクリニックのようなGLP-1ダイエットの専門クリニックです。

東京GLP-1クリニックは専門クリニックということもあって、GLP-1に関する知識量が豊富です。GLP-1に含まれる多彩な生理作用を詳しく説明してもらいながら、ダイエットに励むことができます。

東京GLP-1クリニックは結果を重視している特徴があります。ダイエット成功へ導くために医師・スタッフとのチャットのやり取りや、ダイエット管理アプリで体重を可視化できるサービスで、結果が現れるダイエットを行えます。

肥満の方によく見られる無理なダイエットは低血圧を引き起こし、体への負担を大きくしてしまいます。ダイエットの効果が出ないからといってさらに体に負担をかけるのは禁物です。

肥満でも低血圧になってしまうことがあるので、痩せる方法は自分に合う、無理のないものを選んだ方がよいです。

また、低血圧になってしまっても症状を出さないようにすることはできます。日々の食習慣や睡眠習慣の見直しを図ることが大切です。

体に負担をかけず、ダイエットを成功させたい方は東京GLPクリニックが提供するGLP-1ダイエットの実践がおすすめです。体質改善からできるGLP-1ダイエットで健康的に体重を落としていくことができます。様々なダイエットを行っても失敗し続けてきた、低血圧で無理なダイエットができないという方は、ぜひ東京GLPクリニックへ相談してください。