GLP-1 ダイエット クリニック 体験談 口コミ 料金 飲み薬

漢方ダイエットで失敗しない4つの方法!体質別に効果的な減量法ガイド

漢方ダイエットは、漢方薬を使わなくてもできます。

具体的にいうと、漢方ダイエットとは体質を改善して痩せ体質と減量を叶えるダイエットです。

ハードな運動や食事制限はなし、体質に合う方法で身体を整えるだけ。

「漢方薬なしで本当に痩せられるの?」
「そもそも漢方ダイエットってなに?」

今回は、そんな疑問にお答えする内容です。

約5分で読める内容ですし、体質に合うダイエットがわかり、失敗せずに減量できるようになります。

漢方ダイエットは体質に合わせて行うダイエット

漢方ダイエットは体質に合わせて行うダイエット

漢方ダイエットは、代謝をスムーズに整えて減量を目指すダイエットです。

代謝機能を整えることで、余分なものを溜め込まず、脂肪が燃えやすい痩せ体質が手に入ります。

そもそも漢方とは?

漢方は、健康的な食生活で身体を整える食養生や、鍼治療やお灸を表します。

漢方と聞くと、漢方薬をイメージするかもしれません。

漢方薬は、植物や鉱物、動物など天然素材を原料に作られた薬を指します。

漢方では、体質や生活習慣を見直すことで身体を正常に整え、巡りをスムーズにすることが可能です。

漢方薬を使わなくても、漢方の理論を参考に生活や食習慣を整えて身体をケアできます。

漢方ダイエットは漢方薬を使わなくてもできる

  • 漢方ダイエットを取り扱っている薬局で体質に合う漢方薬を処方、ダイエット指導を受ける
  • 自分で生活改善と運動でダイエットする

2つの方法があり、漢方薬が必須というわけではありません。

漢方薬を使うとより効果的ですが、できるだけお金をかけずにダイエットしたい人は、漢方薬なしの方法を参考にしたダイエットがおすすめです。

ただし漢方ダイエットは、1つの方法が万人に効果的というわけではありません。

漢方ダイエットで失敗せずに効果を出すためには、体質に合わせた方法を選ぶことが大切です。

自分の体質に合うダイエット方法を見つけよう

体質に合う漢方ダイエットを行えば、代謝がスムーズになって痩せやすい身体に整えられます。

代謝が滞っていると、食べたものや水分、酸素などがうまくエネルギーに変換されない、または排出しにくくなり、余分なものが脂肪として蓄えられるのです。

代謝をスムーズにさせるために、体質を改善するのが漢方ダイエットです。

漢方ダイエットでは、太りやすい体質を4つに分け、それぞれに効果的なダイエット方法が提案されます。

  • 食べ過ぎ、便秘タイプ
  • ストレス、疲れ太りタイプ
  • ぽっちゃり水太りタイプ
  • 冷え、むくみ太りタイプ

食べ過ぎ、便秘タイプの漢方ダイエット

食べ過ぎ、便秘タイプの漢方ダイエット

食べ過ぎ、便秘タイプの人は次のような特徴があります。

  • 揚げ物やお菓子大好き
  • つい食べ過ぎてしまう
  • 冷たい飲み物やアイスが好き
  • 便秘になることが多い
  • お腹がポッコリ、または下半身に脂肪が多くついた洋ナシ体型

たくさん食べるのに痩せないのは、余分なものを排出するために必要なデトックス機能が弱っていることが原因かもしれません。

食べ過ぎ、便秘タイプの人には、デトックス機能を整える漢方ダイエットをおすすめします。

腸内環境を整えて代謝アップ

食べる量が多く、揚げ物やスナック菓子などが好きな人は、腸内環境が乱れてデトックス力がダウンしている可能性が高いです。

ダイエット成功のためには、食事制限や運動の前にまず腸内環境を整えてください。

腸内環境は、便の状態からチェックできます。

目指すべき便の状態は、

  • バナナ状
  • 色は黄土色
  • 1回の便通で2〜3本

です。

腸内環境が悪いと、黒っぽい便が出ます。

腸内環境を整える方法を取り入れながら、日々のお通じの状態をチェックする習慣を作ってみてください。

腸内環境を整える食品を毎食摂ろう

  • 食物繊維
    水溶性と不溶性をバランスよく
    水溶性:海藻やこんにゃく類、フルーツ類
    不溶性:野菜、きのこ、大豆製品
  • 発酵食品
    味噌、納豆、キムチ、ぬか漬け、ヨーグルト

腸もみでデトックス促進!

食事で身体の内側から腸内環境を整えながら、外側からもアプローチしてデトックス力をアップさせます。

おすすめは、肋骨と腰骨の部分からほぐして腸を刺激する腸もみです。

便が滞りやすい部分を外側からほぐすことで、スムーズな便通を促します。

「基本の腸もみ」は、便が滞りやすい“腸の四隅”をつかんでもみほぐす。基本的に朝と夜の2回行い、食後1時間は避けよう。「より効果を望むなら、副交感神経を優位にする呼吸法をマッサージの前に行う

出典:下腹ポッコリの便秘、たった3分の「腸もみ」で改善

  1. 左手で左肋骨の下、右手で腰の骨のまわりをつかんでゆっくりとほぐす
  2. 両手を上下入れ替え、同じようにもみほぐす
  3. 合計3分マッサージする

ストレス、疲れ太りタイプの漢方ダイエット

ストレス、疲れ太りタイプの漢方ダイエット

ストレスで疲れ太りするタイプとは、次のような特徴がある人です。

  • ストレスが溜まるとドカ食いで発散
  • イライラすることが多い
  • 甘いものをよく食べる
  • 不安や緊張しやすい
  • 生活が不規則
  • 上半身に脂肪がつきやすい
  • 肩こりがひどい
  • 頭痛が起こりやすい

食べることでストレスを発散するストレス食いの癖がある人は、自律神経やホルモン分泌が乱れている可能性があります。

自律神経やホルモン分泌の乱れは、ダイエットを妨げる原因の一つ。

ストレス、疲れ太りタイプの人は、自律神経やホルモン分泌の乱れを整える習慣を取り入れたダイエットをおすすめします。

生活習慣の乱れを整えよう

  • 夜更かし
  • 起きる時間、寝る時間が毎日バラバラ
  • 食べる時間もバラバラ

上記のような生活を送っていると、ダイエットをしても食欲が暴走しやすくなって失敗してしまいます。

食事制限と運動を始める前に、まずは規則正しい生活を送れるようにしてください。

ストレス太りタイプは忙しい人に多いので、特に食事は時間があるときにパパッと早食いして済ませがち。

まずは、1日のスケジュールで比較的余裕がある時間を見つけ、できるだけ毎日その時間に食事を摂るようにしてください。

早寝早起きも大事です。

睡眠不足や夜更かしで睡眠の質が低下すると、食欲はますます暴走しやすくなります。

睡眠習慣を整えるためには、毎晩のストレスケアで心身をリラックスさせることが効果的です。

毎晩できるストレスケアで食欲をコントロール

ストレスケアをすることで、自律神経の乱れや睡眠の質が低下することによる食欲の暴走を防げます。

ストレス太りタイプは、ストレスや不安、緊張などネガティブな感情になりやすいので、積極的にストレスケアをすることが大切です。

早速今夜から実践してみてください。

  • 寝る30分〜1時間前に38〜40度のぬるめのお湯に入る
  • 香りのいいアロマ系入浴剤を使うとリラックス効果アップ
  • 寝る前の寝室は間接照明などで薄暗くし、アロマを焚いて香りで満たす
  • カモミールティーといったリラックス効果が期待できるハーブティーをホットで飲む
  • テレビではなく、リラックスできる音楽をかける
  • 寝る前スマホはできるだけ控える
  • マッサージやストレッチで全身をほぐす

ヘルシースナッキングでドカ食い予防

ストレス太りタイプは、ちょっとしたストレスがきっかけでドカ食いに走りやすいので、ドカ食いに走らないよう空腹をコントロールします。

1日3食の量をいつもより軽めにして、間食を取り入れて日中の空腹を防ぐのです。

特にストレス太りタイプは、日中にお腹が空くと甘いものを食べて糖質過多になりがち。

午後のおやつを200kcal以内に抑えた間食を摂り、空腹を防いでください。

食物繊維やタンパク質が豊富なものや、すぐにエネルギーとして消費されて疲労回復にいい果糖を含むフルーツをおすすめします。

また、

  • カカオ70%の高カカオチョコレート
  • 血糖値が上がりにくいオリゴ糖を使用したチョコレート
  • 乳酸菌を含むチョコレート

のようにヘルシーなスイーツも効果的です。

ぽっちゃり水太りタイプの漢方ダイエット

ぽっちゃり水太りタイプの漢方ダイエット

ぽっちゃり水太りタイプには、次のような特徴の人が多いです。

  • 色白ぽっちゃり体型
  • 疲れやすい
  • 日中眠気が起きる、身体がだるい
  • 朝スッキリ目覚められない
  • 食事量は少なめ
  • 濃い味付けよりあっさりした味付けが好き
  • 風邪をひくことが多い
  • トイレの回数が少ない
  • 汗をかきにくい

水太りタイプは、名前の通り余分な水分を身体に溜め込み、代謝が滞って太りやすくなります。

水太りタイプの場合は、水分の巡りと排出の両方にアプローチすることが大切です。

水分の巡りと代謝をスムーズにさせるために、身体を温める、血流を促す習慣を実践してみてください。

身体を温める習慣で代謝アップ

  • 朝食は必ず摂る
  • 朝の水分補給は常温の炭酸水かホットドリンク
  • 朝食には味噌汁やスープなど温かい汁物を
  • できるだけ毎晩ぬるめのお湯に入る

身体の冷えをとるだけで、消費カロリーが増えて痩せやすくなります。

水太りタイプさんは、冷たい飲み物やアイスは控えて、できるだけ温かい食事を摂るようにしてください。

疲れていてもできる!簡単むくみケアで血流促進

疲れやすい水太りさんは、ダイエットのためにいきなりハードなエクササイズを取り入れても、すぐに疲れて挫折してしまいます。

運動習慣を実践する前に、まずは代謝をアップさせて身体をスッキリ動かせるようにすると効果的です。

疲れていてもすぐにできるのが、ふくらはぎストレッチ

血流が滞っている朝起きたときと、夜寝る前に行ってみてください。

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれており、ふくらはぎの筋肉をストレッチすることで、全身の血流がスムーズになります。

ふくらはぎの血流を促すヨガの「バタフライポーズ」

  1. 両足を前に伸ばして座る
  2. 片足を内側に折り曲げ、かかとを股関節辺りに置く
  3. 背筋を伸ばして鼻から息を吸う
  4. 鼻から息をゆっくり吐きながら、上体を折りたたむように前に倒す
  5. 前に伸ばしている足の爪先は上を向け、ふくらはぎの伸びを感じながら3分〜5分ポーズキープ
  6. 反対側も同じようにポーズ

冷え、むくみ太りタイプの漢方ダイエット

冷え、むくみ太りタイプの漢方ダイエット

冷え、むくみ太りタイプは、水太りタイプと特徴が似ています。

  • トイレの回数が少ない
  • 手足の冷えが気になる
  • 秋冬は保温効果のある下着がないと辛い
  • 夕方はむくみがひどい
  • 立ちくらみが多い

冷えとむくみ太りタイプさんは、水太りタイプさんより体力はあるので、軽く身体を動かすことを取り入れたダイエットが効果的です。

冷えとむくみケアは、水太りタイプさんと同じようにふくらはぎのストレッチや、身体を温める習慣を取り入れます。

ウォーキングで体温と筋力アップ!

通勤通学時に一駅早く降りて歩いたり、時間があるときに近所を15分以上歩いてみてください。
ウォーキングをすると、全身を動かすので体温がアップし、身体が冷えにくくなります。
また、ふくらはぎの筋肉が集中的に鍛えられるので、ふくらはぎの血流が促されてむくみ解消にも効果的です。

鉄分を意識して摂る

冷えむくみ太りタイプは、貧血や立ちくらみになりやすいため、鉄分をしっかり摂って身体を整えることが必要です。

鉄分が多い食品

  • レバー
  • 赤身のお肉
  • ほうれん草
  • キャベツ
  • ひじき
  • 牛乳
  • 大豆製品

 

鉄分と合わせてビタミンCを摂ると、吸収率がアップするので、デザートにみかんやグレープフルーツなど、柑橘系フルーツを摂ることもおすすめします。

東京GLPクリニック院長のまとめ

東京GLPクリニック院長のまとめ

漢方ダイエットというと、漢方薬を用いて行うダイエットとイメージするかもしれません。

しかし、漢方は食養生や生活改善も含む医学です。

食生活や生活習慣を整えることも、漢方ダイエットになります。

まずは、ご自身の体質や生活習慣を見直してみてください。

そして、体質と生活習慣に合う漢方ダイエットで身体を整えると、ダイエットに失敗しにくい痩せ体質が手に入ります。