GLP-1 ダイエット クリニック 体験談 口コミ 料金 飲み薬

酵素ドリンクダイエットで失敗する人の共通点5つ!痩せないのは酵素ドリンクのせいじゃない?

芸能人が短期間で痩せたと宣伝している酵素ドリンクですが、実際にはダイエットに失敗している人がたくさんいます。

「酵素ドリンクダイエットをやったけど全然痩せなかった」
「痩せたけどダイエットを終えた途端にリバウンドした」
という人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、なぜ酵素ドリンクダイエットで失敗する人が多いのか、失敗する理由について解説します

具体的には、

  • 酵素ドリンクダイエットで失敗する人の共通点
  • 酵素ドリンクダイエットで成功するために必要なこと

を解説。

約5分で読める内容ですし、なぜダイエットに失敗するのか原因がわかることで、ダイエット成功に一歩近づけます。

酵素ドリンクダイエットで失敗する人の共通点5つ

酵素ドリンクダイエットで失敗する人の共通点5つ

酵素ドリンクダイエットで失敗する人には、主に5つの共通点があります。

  1. いきなり酵素ドリンクダイエットを始める
  2. 長期間酵素ドリンクダイエットをする
  3. ストレスを発散する方法が食べること以外にない
  4. 夜更かしをすることが多い
  5. 酵素ドリンクを飲むだけで痩せると勘違い

なぜ上記の行動が失敗につながるのか、理由を解説していきます。

いきなり酵素ドリンクダイエットを始める

身体の準備をせずにいきなり酵素ドリンクダイエットを始めても、食欲を我慢できず挫折します。

身体の準備とは、具体的にいうと食欲が暴走しにくい状態にすることです。

食欲が暴走するのは、体内で分泌されるホルモンが影響しています。

体内で分泌されるホルモンには、食欲を増進させるものと抑えるものがあるのです。

  • 食欲を増進させるホルモン
    コルチゾール、グレリン、黄体ホルモン
  • 食欲を抑えるホルモン
    セロトニン、レプチン

食欲を増進させるホルモンの分泌が多い状態で酵素ドリンクダイエットをすると、ダイエット中に食欲が暴走して失敗しやすくなります。

酵素ドリンクダイエットは、1日〜3日と短期間、または1日1食の食事を酵素ドリンクに置き換える食事制限ダイエットです。

食欲がコントロールできない状態で食事制限を始めると、酵素ドリンクだけでは満足できず、酵素ドリンク以外のものをドカ食いして逆に太ることも。

黄体ホルモンは、月経期間にホルモンバランスの変化で一時的に増えるものなので仕方ないですが、そのほかの食欲に関係するホルモンは生活習慣によって分泌が増減します。

早く痩せたいからとすぐに酵素ドリンクダイエットを始めるのではなく、ダイエット前に食欲を増進させるホルモンの分泌を抑えることが大切です。

長期間酵素ドリンクダイエットをする

酵素ドリンクダイエットで失敗する人に多い方法が、長期間ファスティングを続けようとする方法です。

酵素ドリンクダイエットには、主に2つの方法があります。

  • 酵素ドリンクや水以外を口にしないで過ごすファスティング
  • 1日1食を酵素ドリンクにする置き換えダイエット

特に失敗する人が多いのがファスティング方法です。

ファスティングは摂取カロリーを大幅に制限するため、短期間で減量できます。

ファスティングで失敗する人が多いのは、体重が減ることに喜びを感じて、続ければもっと痩せられると勘違いして長期間続けるからです。

摂取カロリーを大幅に制限した生活を続けると、次のようなことが起こります。

  • 身体がエネルギーを溜め込もうとするため、消費カロリーが減る
  • タンパク質不足になり、エネルギー源として筋肉が分解され、代謝が低下する

酵素ドリンクによるファスティングを長期間続けた結果、一時的に減量できても元の食生活に戻した途端、身体がカロリーを消費しにくくなっているため、一気にリバウンドしてしまうのです。

ストレスを発散する方法が食べること以外にない

ストレスを発散する方法が食べること以外にない

酵素ドリンクダイエットに限らず、ダイエットに成功する人にはストレスを解消できる趣味がある人が多いという共通点があります。

ダイエット成功者は、運動をする、友人と一緒に遊ぶという食べること以外の趣味でストレスを上手く発散させているのです。

一方、ダイエットに失敗しやすい人はストレスが溜まると、食べることでストレスを発散させようとします。

しかし、実際には食べることではストレスを発散することはできません。

むしろ、ストレスが食に走らせる原因なのです。

私たちの身体には、ストレスが溜まると食欲が増進する仕組みがあります。

脳がストレスを感じると「大脳辺縁系」という部分が興奮し、「ドーパミン」というホルモンが多く分泌されるようになります。ドーパミンは摂食中枢に働きかけ、食欲を増大させる作用があります。
また、ストレスを感じると、満腹中枢を刺激して食欲を抑える「レプチン」というホルモンの働きが鈍くなるといわれています。レプチンの働きが鈍くなってくると、正常に満腹中枢を刺激することができなくなってしまいます。

出典:ティーペック健康ニュース「『ストレスを制して食欲をコントロール』」

酵素ドリンクダイエットは、食べられないことでストレスが溜まりやすいダイエットです。

ストレスを食べること以外で発散する方法がないと、食べられないストレスが溜まって食欲が暴走して失敗しやすくなります。

つまり、酵素ドリンクダイエットで成功するためには、ストレスを食以外で発散する方法とセットでダイエットすると効果的ということです。

夜更かしをすることが多い

夜更かしも酵素ドリンクダイエット中の食欲暴走につながります。

夜更かしをして睡眠時間が短くなると、食欲を増進させるホルモン「グレリン」の分泌が増えるのです。

米スタンフォード大学が2004年に行った調査では、睡眠時間は食欲と関係していることがわかりました。8時間寝た人に比べて5時間しか寝ていない人は、食欲がわくホルモン「グレリン」の量が約15%多く、食欲を抑えるホルモン「レプチン」の量が約15%低いという実験結果が出たのです。

出典:東洋経済ONLINE「「寝不足の人」が太りやすくなる3つのワケ」

せっかく酵素ドリンクダイエットを実践しても、毎晩遅くまで起きて睡眠時間を短くすると、ダイエット中にも関わらずポテチやチョコレートなどを食べて失敗という残念な結果に。

ダイエットというのは、食事制限と運動はもちろんですが、実は規則正しい生活習慣も必要なものなのです。

酵素ドリンクを飲むだけで痩せると勘違い

市販の酵素ドリンクの口コミでは、「痩せなかった」「効果がなかった」という声をよく見かけます。

酵素ドリンクで痩せなかったという人の多くは、酵素ドリンクに過剰な期待をしている人が多いです。

過剰な期待とは、酵素ドリンクを飲むだけでスッキリ痩せられるというもの。

酵素ドリンクダイエットに対して過剰な期待をするのは、酵素ドリンクの役割を理解していないためです。

酵素ドリンクの役割とは?
酵素を補給し、体内酵素の消化や代謝の負担を減り、代謝機能を活性化させること。

酵素はそれ自体が痩身に作用するものではないが,酸化・還元,加水分解などの化学反応を触媒する。消化に必要なエネルギーが少なく済むので,酵素を取り入れることでその人が持っている消化能力で代謝できる量が多くなると考えられる。

出典:金子剛, 宮田晃史, 大場功一「酵素ドリンクを使ったファスティングによる痩身効果」診療と新薬 2017

酵素ドリンクを飲んで消費カロリーや体脂肪が直接減るわけではないので、酵素ドリンクを飲めば食事制限や運動をしなくても痩せられる、ということではありません。

正しい酵素ダイエットの解釈とは、食事制限と運動による基本のダイエットを行ない、酵素ドリンクを飲んでダイエット効果を高めるという考えになります。

酵素ドリンクダイエットで成功するために必要なこと

酵素ドリンクダイエットで成功するために必要なこと

酵素ドリンクダイエットを成功させるためには、酵素ドリンクの正しい取り入れ方以外にも必要なことがあります。

ダイエットを始める前に生活を整える

食欲を増進させるホルモンの分泌を抑えるには、規則正しい生活を送ることが効果的です。

特に大事なのが、夜の過ごし方

具体的には、次のような習慣を取り入れてみてください。

  • 夕飯は寝る3時間前までに終わらせ、夕飯以降にお腹が空いたら水を飲む
  • 寝る1〜2時間前にぬるめのお風呂にじっくり浸かる
    →アロマ系の入浴剤を使うと、香りでリラックスできてストレス解消にも効果的
  • 寝る前は室内の照明を間接照明やスタンドライトで暗めにする
  • 寝る前にヨガやストレッチ、読書、マッサージなどリラックスできることをする
    →家族と話したり、ペットと触れ合うことも効果的

上記のように夜の過ごし方を変えると、食欲を暴走させるホルモンのコルチゾールやグレリンの分泌を抑えられます。

新しい習慣が全て馴染んだら、酵素ドリンクダイエットを実践してみてください。

酵素ドリンクダイエットの効果的な方法は、下記記事で詳しく解説しています。

>>酵素ドリンクダイエットとは?効能や失敗しない方法もご紹介

食べる以外のストレス発散方法を見つけておく

  • 運動
  • ゲーム
  • 散歩
  • 友人とおしゃべり

上記のように食べること以外で楽しめることはありませんか?

「何か食べたいな」と食べ物のことを考えたら、すぐに実践できる趣味を用意しておくと効果的です。

特に運動は、運動後にカロリーの摂取量が減ることが研究で判明しています。

運動をすることで、食欲に関わるホルモンが影響を受けて食欲が抑えられるのです。

参考:Women’s Health「やけ食いの代わりに挑戦してみたい、ストレスをヘルシーに発散する方法7」

趣味が特にないという人は、趣味とまではいかないけど気分転換になるようなことをしてみてください。

食欲を感じたときに食べる以外の方法に置き換える「コーピング」という方法があります。

一時的に何か集中できることをすると、食欲がいつのまにか落ち着いてドカ食いを防げるのです。

具体的には、

  • ネイルをしてみる
  • 部屋や台所の掃除をする
  • 庭に出て草むしりをする
  • ペットと遊ぶ

準備が不要ですぐにできることをします。

酵素ドリンクダイエット中に、お腹が空いたときにも効果的なのでぜひ実践してみてください。

運動は必要不可欠!

毎日15分、忙しい人は1回1時間の運動を週に1〜2回行なってみてください。

運動の種類は、

  • ぽっこりお腹の内臓脂肪が多い人:有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、エアロバイク)
  • 下半身を中心に皮下脂肪が多い人:有酸素運動と筋トレ(筋トレ→有酸素運動の順で行うと効果的)

と体型によって効果的な種類があるので、自分の体型に合う運動を取り入れます。

定期的に身体を動かすことで、全身が温まって酵素の働きが活発になり、ダイエット効果がアップ。

運動が苦手な人は、まず家にいる時間は家事でちょこまか動くようにしてみてください。

運動で筋力がつくと、酵素ドリンクダイエットで摂取カロリーが減った際に、筋肉が分解されて筋力がダウンするのを防げます。

酵素ドリンクダイエットでは食欲を我慢できない人へ

東京GLPクリニック院長のまとめ

東京GLPクリニック院長の深堀純也です。

酵素ドリンクダイエットのように短期間で一気に摂取カロリーを抑えるダイエットは、食欲を我慢できる人や規則正しい生活で食欲が暴走しにくい人じゃないと成功は難しいです。

酵素ドリンクダイエットに挑戦したけど食欲を我慢できずに失敗した、という人には「GLP-1(ジーエルピーワン)ダイエット」をおすすめします。

GLP-1とは、私たちの体内で食事をする際に分泌される食欲抑制ホルモンです。

GLP-1ダイエットでは、薬でGLP-1を摂ることで食欲を抑え、食事量を減らして減量を目指します。

食事量を減らすという点では、酵素ドリンクダイエットと同じです。

しかし、GLP-1ダイエットは強い意志で食欲を我慢する必要はありません。

GLP-1ダイエットの薬を1日1回摂っていつも通りの生活を送るだけ。

当院では、1ヶ月で10kgの減量に成功した人もいるほど、GLP-1ダイエットの実績に自信があります。

酵素ドリンクダイエットをはじめ、どんなダイエットをしても食欲に負けて失敗した経験がある人は、ぜひ一度当院のGLP-1ダイエットを検討してみてください。

今なら無料でカウンセリングも実施しております。

下記記事でGLP-1ダイエットの効果や体験談を詳しくご紹介しているので、ご参考にぜひご覧ください。

>>glp-1のダイエット効果を実体験から全解説!痩せるメカニズムの正体とは?