GLP-1 ダイエット クリニック 体験談 口コミ 料金 飲み薬

【失敗しないおでんダイエット】痩せる5つの効果や具体的なやり方を全公開!

具材の種類が多く、見た目や味も楽しめるおでんダイエットが、人気を集めています。

おでんダイエットは、カロリーを気にする人や食べることが大好きな人にもおすすめのダイエット法です。

とはいうものの、

おでんの食べ過ぎで太らないのか不安…

食べごたえがあるからダイエットには不向きでは?

など、不安を抱える人もいるのではないでしょうか?

そこで、当記事では、失敗しないおでんダイエットの秘訣をわかりやすく説明します。

具体的には、

  • おでんダイエット5つの効果やメリットは?
  • おでんダイエット実践3つのステップ!
  • おでんダイエットに失敗しない5つの秘訣!

の順番に紹介します。

3分ほどで読め、おでんでおいしくダイエットに成功してきれいな体型になれる可能性がアップ

ぜひご一読ください。

おでんダイエット5つの効果やメリットは?

おでんダイエット5つの効果やメリットは?

おでんダイエットは、1食の主食メニューをおでんに置き換えるダイエット方法です。

食事を低カロリーに抑えて、栄養もバランスよく摂ることでダイエットの効率を上げられることで注目が高いです。

「食事を工夫したダイエットをしたいけれど…面倒くさい」

と食事制限のダイエットに悩んでいませんか?

その点、おでんはスーパーやコンビニで気軽に買えるので、忙しい女性にも実践しやすいのがうれしいポインです。

またダイエット食品は、身体が冷えてしまうものや味気ない食品が多いのがデメリットです。

しかし、おでんはアツアツでいろいろな具材が入っており、食べるのが楽しみになります。

とはいうものの、

「おでんを食べて本当に痩せられるの?」

という疑問もあるかもしれません。

そこで、当項目ではおでんダイエットで得られる、以下5つの効果やメリットを紹介します。

  1. 満腹感が得られストレスが少ない
  2. 作りおきやコンビニ購入で時短できる
  3. 低カロリー・低糖質の具材が多い
  4. 身体を温め食物繊維も豊富
  5. 価格が安く経済的に続けやすい

以上の順番で紹介しますので、ぜひご覧ください。

満腹感が得られストレスが少ない

ひとつ目は、満腹感が得られストレスが抑えられるメリットです。

ストレスが抑えられると、次のような効果が得られます。

  • 急激に来るドカ食いを抑えられる
  • イライラせずにダイエットが続けられる

おでんの具材は水分を多く含むので、胃にたまりやすく満腹感を感じやすいんです。

そのため、少量で満腹感が得られるので、ダイエットでありがちなストレスが少ない傾向にあります

また、野菜やこんにゃくはよく噛むために満腹中枢が刺激され、摂取カロリーを減らせます。

おでんダイエットは空腹のつらさが少なく、食事制限に失敗してきた女性にもおすすめの減量法です。

作りおきやコンビニ購入で時短できる

ふたつ目は、作りおきやコンビニ購入で時短ができるメリットです。

カロリーの低いもの、噛みごたえのあるものなど、自分で具材が選べるのもうれしいすよね。

また作りおきができることで、忙しい日や時間がない日もさっと食べられる点も大きなメリットです。

普段忙しくて作る時間がない人や、自炊が苦手な人も、簡単にヘルシーメニューが食べられるのがおすすめポイントです。

低カロリー・低糖質の具材が多い

3つ目は、低カロリー・低糖質の具材が多いというメリットです。

おでんは、低カロリーや低糖質の具材が多く、多く食べても摂取カロリーを少なく済ませられます。

また、糖質が低い具材も多く、糖質制限ダイエットをしている人にもおすすめです。

【低カロリー・低糖質の具材例】

大根1個 9kcal 糖質1.1g
しらたき 5kcal 糖質0.4g
玉こんにゃく 14kcal 糖質1.8g
糸こんにゃく 5kcal 糖質0.4g
山ぶき 5kcal 糖質0.2g

出典:セブンイレブン

 以上のように1個あたり約10kcal前後の低カロリーな具材が多くあります。

少ない食事ではがまんできない!という女性でも、具材を選べばたっぷり食べられるところがうれしいポイントです。

身体を温め食物繊維も豊富

4つ目は、身体を温められ、食物繊維の量が多いというダイエット効果です。

おでんは、アツアツ料理のなので、身体を温めてくれる効果があります。

特に女性は冷え性も多く、基礎代謝が低い傾向にあります。

身体をおでんで温め、基礎代謝の低下を防ぐことで、ダイエットの失敗を防いでくれる効果が高いんです。

体温が1℃あがると、基礎代謝は12%もあがります。

つまり、身体を温めることはダイエットにかかせないといえるでしょう。

 冬の冷えやすい時期はもちろん、夏場の空調が効いている部屋で冷えてしまった身体にもおすすめです。

また、おでんの具材は食物繊維も豊富なので、

  • 満腹感を与えてくれる
  • 便秘の改善
  • 腸内環境を整える

などの効果が魅力です。

お腹はスッキリ、体はポカポカ代謝アップ!おでんできれいに痩せるダイエットを成功させましょう。

価格が安く経済的に続けやすい

5つめは、価格が安く経済的に続けやすいというメリットです。

おでんダイエットのいいところは、1個あたりの価格が安く、経済的に続けやすい点です。

【おでん具材の価格例】

味しみたまご 86円(税込)
味しみ大根 86円(税込)
つゆだく味しみ白滝 86円(税込)
ふんわりはんぺん 108円(税込)
鶏つくね串 140円(税込)

出典:セブンイレブン

以上のように、コンビニでは1個あたり約100円前後で買えます。

ひとり暮らしの場合は、自炊したりダイエット食品を買うとコストがかかります。

おでんダイエットの場合は、好きな具材のみを選べるので、1食あたりの価格を安く済ませられてうれしいですよね。

また、日によって具材を変えられるので続けやすい、という点もダイエットに成功しやすい特徴です。

おでんダイエット実践3つのステップ!

おでんダイエットといっても、ただ食事をおでんにするだけでは、成功は難しいかもしれません。

具体的なおでんダイエットのルールを知っておくことで、簡単にダイエットの効率が上げられます。

そこで、おでんを取り入れたダイエットを実践するにあたって、大事な以下3つのステップを紹介します。

  • 1食の主食をおでんにする
  • 1食を500kcalにおさめる
  • メニューは主菜と副菜のおでん・サラダ・おにぎり

の順番で解説しますので、ぜひご覧ください。

1食の主食をおでんにする

ひとつ目は、1食の主食をおでんにするということです。

毎食全てをおでんに置き換えるのではなく、以下のような主食の代わりに、おでんを取り入れるようにしましょう。

  • ご飯
  • パン

その理由は、毎食をおでんに置き換えてしまうと次のようなデメリットがあるからです。

  • おでんの味に飽きが来てしまう
  • カロリーの摂取量が少なくなりすぎる
  • 栄養バランスが偏る

1食のみを主食とおでんを置き換えることにより、無理なく以下の効果が発揮されます。

  • 摂取カロリーをカットできる
  • 炭水化物(糖分)を抑えられる

置き換えるタイミングは夕食がおすすめ

寝ている動かない間に、胃腸を休ませられるからです。

ただし、食事のバランスをみて炭水化物が不足している場合は、100g前後のご飯を摂るようにしましょう。

1食を500kcalにおさめる

おでんダイエット中、1食分は約500kcalにおさまるようにしましょう。

なぜなら、基礎代謝+活動量は、成人女性で大体1500kcalになるからです。

特に筋肉量が少なかったり、座り仕事が多いという女性は、500kcalを超えないように調節してください。

おでんのカロリー+主菜(お肉や魚など)やサラダなどのメニュー < 500kcal

となるように心がけましょう。

 カロリーを抑えるには、おでんのカロリーを事前に計算しておき500kcalから引きます

 残ったカロリーのなかで、炭水化物やサラダ、お肉や魚などのメニューを取り入れます。

 おでんが多めのときは、ほかの食材を減らすことでカロリーが抑えられます。

メニューは主菜と副菜のおでん・サラダ・おにぎり

おでんを取り入れたメニューを選ぶときは、バランスのよい組み合わせを心がけましょう。

基本的には、次のような組み合わせがおすすめです。

  • 主菜(おでん)ータンパク質で筋肉を作り、基礎代謝をアップ
  • 副菜(おでん)ーミネラルやビタミンなどで代謝が下がるのを防ぐ
  • サラダー食物繊維で便通の改善
  • おにぎりー炭水化物が身体のエネルギー源になる

サラダでは身体が冷えるという場合は、温野菜にするのもおすすめです。

おにぎりは食べ過ぎると太るので、1食につき100g~120gほどの量にしましょう。

バランスよく食事を摂るためには、おでんだけを食べるのではなく、ほかの食材と組み合わせるのがポイント。

そうすることで、ダイエットの成功率が高くなります。

それでは、以下に主菜と副菜におすすめのおでん具材を5つずつ紹介しますので、ぜひ献立に取り入れてください。

主菜のおすすめ具材1:卵

タンパク質が豊富で、筋肉を作るために欠かせない食材です。

卵のカロリーは、約81kcalですが糖質が0.7gと低い点が魅力です。

主菜のおすすめ具材2:つくね

ダイエットに欠かせないビタミンやタンパク質が豊富な食材

お肉なので、ボリュームがあり満腹感が得られます

つくねのカロリーは、1本約70kcal~100kcalとお肉のなかではヘルシーです。

噛みごたえが欲しい人は、なんこつ入りがおすすめ!

主菜のおすすめ具材3:はんぺん

魚のすり身や卵を使って作られた食材で、タンパク質を多めに摂りたいときにおすすめです。

水分が多く含まれていて、お腹を満たしたいときに食べましょう。

はんぺんのカロリーは、1個約32kcalです。

主菜のおすすめ具材4:牛すじ

牛すじは、脂質が少なく、タンパク質が多いのでダイエットにおすすめの食材です。

炭水化物が低めで、糖質ダイエットを行っている場合にも向いています。

牛すじのカロリーは、1個40kcal前後とお肉のなかではかなり低め

主菜のおすすめ具材5:豆腐

低カロリーながら、タンパク質やカルシウムが摂れる優秀な食材です。

はんぺんと同じく水分を含みやすく、満腹感が得られます。

焼き豆腐のカロリーは、1個約62kcalです。

副菜のおすすめ具材1:大根

水分を含みやすく低カロリーなことから、おでんダイエットの定番食材としておすすめです。

おでんの汁がしっかり染みて、とてもおいしいも魅力。

大根のカロリーは、1個約9kcalなので、多めに食べてもカロリーオーバーになりません。

副菜のおすすめ具材2:白滝

噛み応えによりそしゃく回数が増え、白滝そのもののボリューム感によって満腹感があります。

1個あたり約5kcalとかなりカロリーが低めな点もおすすめです。

食物繊維が豊富なので、

  • 便秘改善
  • 満腹感を得る

などのダイエットのサポートを行ってくれます。

副菜(おでん)のおすすめ具材3:昆布巻

昆布巻きは噛みごたえがあり、中に魚が含まれているので、タンパク質も摂れます

昆布巻のカロリーは、1個5kcalとかなり低めなので多く食べても摂取カロリーに大きく影響しません。

副菜(おでん)のおすすめ具材4:ロールキャベツ

キャベツは食物繊維が豊富で、便通をよくしたり、腸内環境を整えられる食材です。

中にひき肉が入っているので、効率よくお肉を摂取できる点もおすすめです。

ロールキャベツのカロリーは、キャベツの面積が多く、1個約37kcalと低めなのもよいところ。

副菜(おでん)のおすすめ具材5:玉こんにゃく

1個1個が玉状になっているので、噛みごたえがあり、ダイエットに向いています。

玉こんにゃくのカロリーは、1個14kcalと低めで、からしや味噌と合わせてもおいしいです。

食物繊維が豊富なので便秘の改善や満腹感が得られ、ダイエットの手助けをしてくれます。

おでんダイエットに失敗しない5つの秘訣!

おでんダイエットに失敗しない3つの秘訣!

せっかくおでんダイエットをするなら、失敗するのは嫌ですよね。

「おでんは具材によってはカロリーが高いけど、大丈夫?」

「低カロリーな食材だけを選べばいいの?」

など、おでんダイエットに多く不安を抱える人もいます。

そこで当項目では、おでんダイエットに失敗しない以下5つの秘訣を紹介します。

  1. 低カロリーな具材ばかり選ばない
  2. おでんの汁を飲みすぎない
  3. 炭水化物も適度にとる
  4. 1日の摂取カロリーを消費カロリーより少なくする
  5. 2週間は継続する

低カロリーな具材ばかり選ばない

ひとつ目は、おでんの具材を選ぶ際に、カロリーが低い食材ばかりを選ぶのは避けるようにする点です。

低カロリーの具材は、栄養が少なく食事の栄養バランスが崩れてしまいます

また、具材によっては満腹感が得られないものもあります

失敗しないためには低カロリーの具材と合わせて、ボリュームのある具材を選びましょう

合わせたいおすすめの具材は、

  • つくね
  • 豆腐

など、大きくてタンパク質が多いものを選びましょう。

逆に次のような具材はお腹にたまりにくく、カロリーが高いので避けるのがおすすめです。

  • 厚揚げ
  • ちくわ
  • がんも
  • ウインナー
  • さつま揚げ

しかし、カロリーが少々高くてもタンパク質が豊富だったり、食物繊維が多めのものなら大丈夫です。

おでんの汁を飲みすぎない

ふたつ目は、おでんの具材と一緒に、おでんの汁を飲み過ぎない点です。

おでんの汁は約20kcalと低めですが、塩分がとても多いので、ダイエットには向きません。

塩分が多いと身体に水分を貯めやすくなってしまうので、むくみが起きます

ダイエットの効果が出にくくなるので、塩分の強い汁は飲み過ぎないようにしましょう。

炭水化物も適度にとる

3つ目は、おでんだけで食事を済ませずに、炭水化物も適度にとる点です。

炭水化物は糖分が多く、ダイエットの敵というイメージがありませんか?

しかし、炭水化物は身体を動かすエネルギー源になり、足りなくなると以下のような健康被害がでます。

  • 脳の動きが正常に行えない
  • 身体が疲れやすくなる

体調が悪くならないよう、適度に炭水化物を摂るようにしましょう。

パンや麺ではなく、血糖値が上がりにくく、糖分が少なめのご飯を摂るのがおすすめです。

おでんと食べる場合は、カロリーの摂り過ぎを避けるため大体100g~120gほどのおにぎりがちょうどよい量です。

1日の摂取カロリーを消費カロリーより少なくする

1日に摂取するカロリーは、消費カロリーよりも少なくするというのが成功の秘訣です。

基礎代謝量+1日の消費カロリー > 摂取カロリー

に収まるように食べることで、徐々に身体が痩せはじめます。

1kg痩せるためには、約7200kcalの消費が必要です。

1ヶ月に1kg痩せたい場合は、1日240kcalを減らしましょう

これを続けると、1年で12kgの減量になります!

具体的には、次のような方法で少し食事の内容を意識するだけで摂取カロリーを減らせますよ。

  • ご飯を八分目にする
  • 糖質や脂質が高すぎるものをカットする
  • 甘い飲み物をやめる

また運動が得意な場合は、運動をして消費カロリーを増やすのもおすすめです。

カロリー計算が苦手な場合は、カロリーが表記されている食材を選ぶと簡単!

ダイエットアプリで管理するとズボラ女子でも続けやすいので、次におすすめをふたつ紹介します。

  • あすけんダイエット 体重記録とカロリー管理アプリ

写真からメニューを判別し、自動でカロリーを記録してくれるアプリです。
カロリーだけでなく、摂った食事の糖質の量も確認できます。

体重や体脂肪も一緒に管理でき、ダイエットには欠かせないアプリ 

  • ダイエット・体重管理アプリなら【楽々カロリー】

60,000件以上のカロリーが記録されていて、簡単に食べたカロリーが調べられるアプリです。

目標体重、1日の目標カロリーが設定でき、食べ過ぎないように調節ができます。

アプリのデザインがシンプルで、体重や体脂肪などの変化もわかりやすいです。

細かい記録が苦手な人も、続けやすいアプリです。

2週間は継続する

おでんダイエットは、1食のカロリーを減らすことで1日の摂取カロリーを減らすダイエット法です。

ゆっくりと摂取カロリーを減らし、継続することで効果が出ます。

1日200kal減らした場合1ヶ月で1kg減るという計算になるので、最低でも2週間は継続しましょう

ゆるやかに体重を落とすことで、リバウンドのしにくい身体作りができます。

東京GLPクリニック院長のまとめ

東京GLPクリニック院長のまとめ

おでんダイエットは、食事に気を使うのが苦手な人にも簡単なダイエット方法として注目されています。

低カロリーなのにボリュームが多いおでんは、満腹感や満足感を得られるため、食べるのが好きな女性におすすめです。

しかし、

おでんとの食事メニューの組み合わせに悩む

リバウンドが怖いので、おでんダイエット後のキープの方法が知りたい

などダイエット中やダイエット後の悩みを抱えている場合は、GLP-1ダイエットをおすすめします。

GLP-1ダイエットは、食事制限や運動の決まりがゆるめなので、過酷な制限が苦手な人でも続けやすいダイエット法です。

東京GLPクリニックでは、医師のサポートのもとその人に合わせたダイエット方法を提案するので、ダイエットの成功率が上げられます。

下の画像をクリックすると、GLP-1で効果のあった人の口コミがチェックできます

今まで、ダイエットに失敗してきた人に寄り添うダイエット法なので、気になる人はぜひ相談してみてください。